オンライン英会話

外国語を勉強している人であれば、外国人の友達が欲しい!と考える人も多いと思います。

では、具体的にどのような方法で友達を作るのがいいのでしょうか?

今回は外国人の友達を作るメリットやその方法について紹介します!

「外国語を学べる」以外のメリット

外国語を話す練習相手として友達が欲しいと考える方が大半かもしれませんが、個人的には練習相手ではなく、多様性を学ぶ上で外国人の友達を作るメリットがあると思います。

そういう意味では、たとえ外国語を勉強していない人も外国人の友達を作るメリットがあります。日本にいて、日本人とばかり接していると必然的に偏った考え方になってしまいがちです。日本の考え方が悪いというつもりは全くなく、日本の素晴らしいところもたくさん知っていますが、他の価値観に触れることも大切です。

たとえば、日本では「出る杭は打たれる」ということわざがありますね。すごく日本らしいし納得する面もあるのですが、私はときにこのことわざ的な日本文化が生きづらいなと思ってしまうときもあります。

人と変わっている、みんなと同じじゃないと目立ってしまう。そういうことで思い悩むよりは、欧米文化の「ユニークであれ!」というスタンスを知るだけで、とても楽になることが出来ると思います。

インターネットで外国人の友達を探そう!

一昔前までは考えられませんでしたが、今ではインターネットのおかげで世界中の人とすぐに知り合うことができるようになりました。SNSをはじめとするサイトでは、様々な国籍の人々が自由に交流しているところを簡単に見つけることが出来ます。

そうは言っても、SNSたまたま見かけた全く知らない外国人に突然メッセージを送ってみるのはあまり良い方法ではないかもしれません。いくらフレンドリーな外国人であっても、返信をくれることをあまり高く期待しない方がいいでしょう。

ではどうするか?私がおすすめの方法は、「言語交換サイト」を使うことです。言語交換は、英語ではLanguage Exchangeと言います。そこで、Language Exchange Partnerを探すことが出来ます。たいていの場合は、無料であなたのプロフィールを登録できます。

パートナーを探すコツは、日本語を勉強している外国人(あなたが勉強している言語がネイティブの人)を探すか、日本語を勉強していなくても世界中に友達を作りたいという目的の人を探すことです。

第一印象が大切!

友達になりたい人を見つけたら、メッセージを送ってみましょう。リアルタイムでチャットが出来るサイトもおすすめです。英語力に自信がない方は、グループチャットではなく1対1のチャットから始めてみるのも良いと思います。

私はチャットサイトをよく利用していましたが、女性ということもあってか返信が追い付かないほどチャットリクエストが来ていました。そのため、最初の印象でなんだか合わないなと思ったら早めに切り上げて他の人と話すようにしていました。相手の外国人の方も同じだったと思います。

一般的な当たり障りのないつまらない話はほどほどにして、自分らしい話題(趣味、仕事、家族のこと等)を話してみることが大切だと思います。少しオープンに話してみることで相手と自分の間に共通点を見つけることが出来たり、興味を持ったり持たれたりしやすくなると思います。

「英語の練習がしたい!」という目的なら、気の合わない・興味が持てない人と話してみることも意味があると思いますが、「友達を作る」という目的なら本音で話すことは必須だと思います。

おすすめの時間帯

メッセージ交換であれば24時間いつでも様々な国籍の人と交流することが出来ます。アメリカ等の日本との時差がたくさんある地域に住んでいる人と交流するときはメッセージ交換が便利かもしれません。

チャットサイトについては、リアルタイムなので自分が知り合いたい国の人が活発な時間にアクセスすると良いです。活発な時間というのは、経験上主に現地時間19~24時頃です。その時間以外でももちろん誰かしらはいますが、知り合うことができる人の数が比ではありません。

利用する上での注意点

ほとんどの場合まじめに言語を勉強したい人と知り合うことが出来ますが、ごくたまにそれ以外の目的の人もいます。男女の出会いの場として使用していたり、その場限りのお楽しみとして利用したりする人もいます。

自分のことをオープンに話すことは大切なことですが、個人情報や性的な写真を求められても相手に送ってはいけません。不快なことがあれば、NOという意思をはっきり伝えましょう。

日本人的感覚では、相手に意思を伝えるとしてもやんわりと断りたくなると思います。「それはちょっと・・・」と語尾を濁して、相手に察してもらおうとしたくなりますよね。しかし、相手が外国人の場合ははっきりと伝えないと分かってもらえません。

もちろん人によりますが、相手のペースに流されてしまって本当は嫌なのにYESと言ったり、自分の意見は違うのに相手の意見に合わせやりすることは不要です。けんか腰になって言う必要はなくて、「私はこう思う」と自分の意見を相手に知ってもらうことが大切なのです。

その他の方法

観光地付近に住んでいる方は、毎日外国人を見かけるでしょう。困っている人には、思い切って自分から話しかけてみるのもいいかもしれません。ただ、「外国人だから」「英語を練習したいから」と困ってもいない人に話しかけるのは迷惑かもしれませんので、相手の立場になって考えてみましょう。

外国人が多く集まるパブやバー、カフェもおすすめです。欧米では、そういった場所で初対面の人同士が知り合うこともたくさんあります。友達になりたい人を見つけたら、アイコンタクトを送って様子を探ってみてください。あなたが女性で相手が男性の場合は相手から話しかけてくれる場合もあります。

その場合にも、言語交流サイトと同様に個人情報等には気を付け、不快なことにはNOと伝えることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?外国語を学ぶだけではなく、外国の文化を学ぶこともこれからの社会には大切です。

始めてみると、スマホ(またはPC)ひとつで簡単に外国人の友達が出来ることを実感できると思います。友達になってからその関係性を維持することも大変なことですが、それは日本人でも外国人でも同じことでしょう。

上記でご紹介した方法は、実際に筆者本人が試してきた方法です。試したことがない人にとっては、少しだけ敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、ぜひ試してみてくださいね。