オンライン英会話

欧米文化が本格的に入ってきた戦後~高度成長期。

この時期を中心に日本では和製英語がたくさん作られました。今ではすっかりおなじみになった和製英語、そして英語での本当の意味を比較してみました。

和製英語と知らずに英語での会話で使ってしまうと、相手が混乱したり誤解してしまうことになりかねません。英単語の勉強も大切ですが、たまにこういったことも学んでおくと、役に立ちますよ!

物を指す「和製英語」

コンセント

和製英語の意味:電化製品を使用する際、電源を確保するために指す部分。

本来のconsent:「同意・許可する」という動詞。

英語で正しく言うと?:socket(米語ではoutlet)

バイキング

和製英語の意味:自分で取ってくる食べ放題の食事スタイル。立食・着席問わず。

本来のviking:昔、北欧の海にいた海賊の総称。

英語で正しく言うと?:自分で取ってくるスタイルの食事はbuffetです。食べ放題の要素が強いbuffetはall-you-can-eat buffetとつく事が多いです。

サイダー

和製英語の意味:甘い味付けの炭酸ジュース。

本来のcider:りんご酒。”sweet cider”はりんごジュースを指す。

英語で正しく言うと?:a soda pop

マンション

和製英語の意味:賃貸もしくは分譲の集合住宅。

本来のmansion:豪邸(集合住宅ではなく、宮殿のような広い豪勢な住宅を指す)

英語で正しく言うと?:apartmentもしくはcondominiumです。日本語のアパートはワンルームで比較的賃料の低い集合住宅を指すので、比較的部屋数も多く賃料も高い、分譲もある物件との差別化を図る為に、マンションと呼ばれるようになったと言えます。

リンス

和製英語の意味:シャンプーの後に使う、シリコンなどが配合された指通りを良くするもの。

本来のrinse:「すすぐ」という動詞。

英語で正しく言うと?:conditioner 既に多くの製品がコンディショナーと表記されていますが、「リンス」という呼び方の方も根強いです。

チャック

和製英語の意味:布などの生地を繋ぎ合わせる金属の部品。

本来のチャック:チャックとは英語ではなく、日本メーカーである「チャック・ファスナー社」の商標名です。

英語で正しく言うと?:fastenerもしくはzipperです。zipperはアメリカのfastenerメーカーの商標名です。なお、fastenerは「締める」という動詞が元になっています。

ジーパン

和製英語:デニム生地でできたパンツの事。

本来のジーパン:英語のジーパンを指すjeans+ズボンを指すpantsが組み合わさってできた造語です。

英語で正しく言うと?:jeans

ダンボール

和製英語の意味:ボール紙で作られた箱。段ボール。

本来のダンボール:ダンボールという英語は存在しません。ボール紙で作られた、重ねて使える箱=段ボールという言葉がカタカナになりました。

英語で正しく言うと?:cardboard box cardboardがボール紙です。

ホッチキス

和製英語の意味:紙などを針で止める為の文房具。

本来のHotchkiss:アメリカの銃器設計者ベンジャミン・バークリー・ホッチキス。一説によると、ホッチキスの構造を発明した人と言われています。

英語で正しく言うと?:stapler 日本語のホッチキスは商標名です。

(電子)レンジ

和製英語の意味:電気や電磁波で調理する電化製品。電子レンジやオーブンレンジがある。

本来のrange:kitchen rangeで「かまど」の名詞。

英語で正しく言うと?:microwave(oven) マイクロ波から来ています。

ノートパソコン

和製英語の意味:持ち運び可能な折り畳み式のパソコン

本来のnote personal-computer:noteはメモや短い原稿、手紙を指す名詞。ノートパソコンは、日本語のノートに該当するnotebookサイズのpersonal-computerである事から来ている和製英語です。

英語で正しく言うと?:laptop

クレーム

和製英語の意味:主に企業や店舗に対して、顧客が不当な対応を受けた時に訴える事。

本来のclaim:「(自分が正しい事を)主張する、要求する」という動詞、もしくは「訴え」「請求」という名詞。”claim for the damages”なら「損害賠償を請求する」という意味にも。

英語で正しく言うと:complaint 一部の企業や店舗では、顧客からのクレームを「コンプレイン」と既に表現している事も多いです。

職業を表す「和製英語」

サラリーマン

和製英語の意味:主に企業で働く正社員の男性

本来のsalary man:salaryは「給料」という意味の名詞。「給料(をもらう)」+「男性」という造語。

英語で正しく言うと?:office-worker ただし、正社員で働く日本の男性を、英語圏では”salary man”と呼ぶようになりました。和製英語が転じて英語になったパターンです。

OL

和製英語の意味:企業で働く正社員の女性。主に事務員を指す事が多い。

本来のOffice Lady:ladyは、女性の中でも「淑女」を指します。本来の英語の意味では、「事業所」+「淑女」と、大変場にそぐわない組み合わせに。

英語で正しく言うと?:英語では男女区別せず、女性の場合もoffice-workerです。日本で女性も正社員として働くようになる事が増え、事務員を始めとした事務関連業務への就職率が高い事から、日本では事務所で働く「女性」を指す言葉として、OLが誕生しました。

ちなみに、英語で自分の職業を紹介する時には”I’m an office-worker.”とはあまり言わず、”I work for ○○(企業名など)”と、所属している企業や団体で表現する事が多いです。

ガードマン

和製英語の意味:警備員や護衛を行う職業を指す。

本来のguard-man:警備員や守衛を指すguardに、人や男性を指すmanが加わった造語。

英語で正しく言うと?:security guard もしくはguard

形式や状態を指す「和製英語」

フリーサイズ

和製英語の意味:体型に関係なく着られるサイズ展開の洋装品。

本来のfree-size:freeは「自由な」もしくは「無料の」という意味なので、「サイズ無料!」という意味に…。

英語で正しく言うと?:one-size-fits-all freeでしう。 free の持つ「自由な」という意味が転じて、「誰でも着られるサイズ」という和製英語になりました。

テンション

和製英語の意味:人や物の状態を指す時に使われる和製英語「テンションが高い」など。

本来のtension:「ぴんと張りつめた状態」を表し、「緊張」や「ストレスがかかった状態」を指す名詞。

英語で正しく言うと?:テンションが高い状態ならexcited

スマート

和製英語の意味:細い事を表す和製英語。「体型がスマートな女性」もしくは優しい、親切な振る舞いについても指す。「対応がスマート」

本来のsmart:「賢い」という形容詞

英語で正しく言うと?:細い事を指すのはslimもしくはthin(薄い)。親切な振る舞いについてはkindやgentleですが、本来の「賢い」という意味で”smart action”「賢い(賢明な)振る舞い」→「優しい対応」に転じたとも考えられます。

なお、細くてスタイルが良いのを褒めたい時には、”You have such a nice figure.”や”You have a good-looking like a fashion model.”と言うとsmart!ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

ここで紹介した和製英語は、ごく一部にすぎません。興味がある方はもっと調べてみましょう。英語として通じると思っていたのに実は和製英語だった!という発見があって、楽しみながら学ぶことができますよ!