オンライン英会話

日本でも師走という別名を持つ12月。クリスマスに年末と慌ただしくも楽しいイベントで盛りだくさんです。

そんな1年の締めくくりに相応しい12月、欧米諸国にはどんな行事があるのかをまとめてみました。

12月第一土曜日 ニコラウス祭り(スイス)

カトリックの司祭であった聖ニコラウスは、カトリック信仰のある国では色々な守護聖人として祀られています。スイスもそのひとつで、12月5日の聖ニコラウスの日に先駆け、毎年12月の第一土曜日、スイスのフリブール州でニコラウス祭りが行われます。

日が暮れると、ロバに乗ってお供を連れた聖ニコラウスが彼を祀っている大聖堂まで行進を行います。大聖堂に着くと、今年の出来事を振り返る為の説教を始めます。

子供の守護聖人として知られている聖ニコラウスは、もしも行進の途中で悪い子を見つけると、お供の鞭を持った男がお仕置きをします。これは、日本の秋田県男鹿市のなまはげの風習に似ていますね。

ちなみに、聖ニコラウスは子供の守護聖人(他にも船乗りの守護聖人でもあり、肉屋の守護聖人でもあります)の為、しばしばサンタクロースと同一視されます。

12月6日 独立記念日(フィンランド)

12月6日は、フィンランドがロシアから独立をした日です。毎年12月6日はフィンランドでは独立記念日として、国民の祝日となっています。12月6日はフィンランドの国旗の色である青と白に町中が飾り付けられ、フィンランドの各地で独立記念日を祝う催し物も開催されます。なお、祝日の為国内の企業や店舗はほぼ全てお休みになります。

特にフィンランド国民の注目が集まるイベントが、首都ヘルシンキにある大統領官邸で行われるディナーパーティです。パーティの様子はテレビ中継され、毎年の招待客や装いを見るのも独立記念日の風物詩となっているそうです。

12月10日 ノーベル平和賞受賞式(ノルウェー)

ノーベル賞の授賞式はスウェーデンで行われていますが、平和賞のみノルウェーのオスロにあるオスロ市庁舎で毎年12月10日に授賞式が開かれています。これは、ノーベル賞創設者のアルフレッド・ノーベルがスウェーデンとノルウェー両国の和解と平和を祈念する為です。

今年の受賞者は誰が選ばれるのか、世界中が注目する式典です。

12月13日 ホノルルマラソン(アメリカ)

毎年12月13日には、ハワイ州ホノルルで世界最大級の市民マラソンであるホノルルマラソンが開かれます。誰でも参加できるマラソンとして知られており、アットホームな雰囲気で楽しめるマラソンとなっています。

アラモアナからスタートし、ダウンタウン~ワイキキ~ハワイ・カイ~カピオラニ公園がゴールの42.195kmを走るフルマラソンの他、10kmのレースデー・ウィークや、他に楽しめるイベントも多く開かれ、ホノルルはお祭りムード一色になります。

12月中 クリスマス・イルミネーション(フランス)

12月になると、世界中の各都市ではクリスマス・イルミネーションが飾られます。日本でも、著名なクリスマス・イルミネーションスポットは多くありますよね。

世界の中で、特に有名なクリスマス・イルミネーションがフランスの首都パリのシャンゼリゼ通りを飾るイルミネーションです。凱旋門からコンコルド広場までは、415本のプラタナスの木が植えられていますが、これらを約100万個のガラス製電飾で彩る、たいへん見ごたえのあるクリスマス・イルミネーションです。

毎年恒例となっていて、世界中から多くの人がシャンゼリゼ通りのイルミネーションを見に訪れます。

12月24日・25日 クリスマスイブ・クリスマス(世界中で)

言わずと知れたイエス・キリストの生誕を祝うお祭りやイベントが世界中で開かれます。元々宗教色の強いお祭りだったクリスマスも、現在はキリスト教徒以外にも、一般的な年中行事のひとつとして祝われるようになりました。

キリスト教徒の多い欧米では、家族全員がクリスマスの食卓を囲み、イエスキリストの生誕をお祝いしたり、クリスマスミサに参加したりします。その一方で、キリスト教以外のイスラム教、仏教、ヒンズー教など、いわゆる「異教徒」でもクリスマスをお祝いします。(例外として、国教としてキリスト教以外が定められている場合は除きます)日本も含めて、これらの異教徒たちがクリスマスをお祝いする方法は、「親しい人と集まってパーティをする」「クリスマスプレゼントを贈り合う」などがあります。

クリスマスの存在が一般化したのは、サンタクロースによる功績が大きいでしょう。日本やアメリカはサンタクロースがクリスマスプレゼントを持ってくると言われていますが、イギリスでは家族でクリスマスプレゼントを交換し合う風習があります。

日本では「良い子にしているとサンタクロースからプレゼントを貰える」と子供たちに伝え、もしも子供が悪い事をしたら「悪い子はサンタさん来てくれないよ!」と、躾の方法としてサンタが使われる事も…。一方で、サンタクロースの存在を信じている子供たちの為に、クリスマスまでにそれとなく欲しいプレゼントを子供から聞き出す、あらかじめプレゼントをラッピングの上用意し、こっそり夜枕元に置いておく…とパパサンタ、ママサンタは大活躍する日でもあります。

サンタクロースからプレゼントを貰えない大人たちは、大切な人とプレゼントの贈り合いをします。これらを踏まえ、日本はおもちゃ業界からファッション業界まで、クリスマス商戦が繰り広げられます。

カトリック教徒の多いイタリアでは、クリスマスにサンタクロースからプレゼントを貰えるのではなく、1月6日の「御公現の祝日」に同じイベントが行われます。しかも、プレゼントを持ってくるのはサンタクロースではなくほうきに乗った魔女!良い子の靴下の中にはお菓子やプレゼントを入れ、悪い子の靴下の中には炭を入れてしまうと言われています。

「良い子にしていないとプレゼントがもらえない」というのは、日本もイタリアも共通していますね。

また、クリスマスは大切な人と過ごす日ともされています。これは、欧米の風習のひとつ「クリスマスの日にヤドリギを室内に飾り、その下で出会った男女はキスをしてもよい」から来ているとの説があります。

一年の中でも大切なイベントとして知られているクリスマスは、クリスマスが近づくにつれてお楽しみも増えてきます。欧米諸国で特に著名なのが、季節の挨拶としてクリスマスのグリーティングカードを贈り合う、アドベントカレンダーを楽しむ、などです。

12月31日 シルベスタークロイゼ(スイス)

スイスのアッペンツェル・アウサーローデン州の年越しの風習として行われているのがシルベスタークロイゼです。また、現在の12月31日の他、旧暦の大晦日にあたる1月13日にも行われます。

クロイゼとは、精霊の一種です。美・醜悪・自然を司る3種類のクロイゼがいるとされています。シルベスタークロイゼでは、人々がクロイゼの風貌に変装し、3種類のクロイゼにそって3人一組になり、村中でヨーデルを歌いながら鈴を鳴らして練り歩くイベントとなっています。

12月31日 カウントダウン(アメリカ)

毎年大晦日には、アメリカ、ニューヨーク州のタイムズスクエアで新年へのカウントダウンが行われます。世界中から新年のカウントダウンを行う為に人々が集まり、11時59分になると熱気も最高潮。人々が声を揃えてカウントダウンを始めます。12時になった瞬間に紙吹雪が舞い、新年を祝う歓声があがります。

カウントダウン会場では、特設会場が設けられライブパフォーマンスなども楽しめます。

おそらくテレビなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?12月は世界中でも有名なイベントが集まる月でもあります。特に有名なクリスマスも、各国によって風習が異なるのが興味深いですね。

カウントダウンが終われば、いよいよ新しい年が始まります。2018年が皆様にとってよい年になりますように!