オンライン英会話

小さい子供の内から英語に触れさせる、早期英語教育が注目されています。興味はあるけれども、色々な理由で子供にレッスンを受けさせるのは難しい、という方や、まだ早いかな…、と迷っている方もいますよね。

今日は、自宅でできる簡単な工夫で、お子さんが英語に触れる機会を作れる方法をご紹介します。

小学校から英語が導入され、「早くしないと!」と迷うママさん続出

小学校から英語が必修化され、より早く英語を学ばせなければ!と焦ってしまうお母さんも多くなりました。現在でも、親子同伴で、もしくはプレ幼稚園の様に母子分離で通える幼児向け英会話レッスンはたくさんあります。

ところが、いざレッスンに通おうとしたら子供が嫌がったり、指示が通らなかったり、ママと離れられなかったり…という事もあります。「他の子はできるのにどうして?」と悩んでしまう事も。

幼稚園に入る前の2歳代では、まだまだ指示が通らない子供も、お母さんと離れられない子供もたくさんいます。もちろん、英語のレッスン含めて習い事も通えないお子さんも珍しくありません。

教室でできないなら、おうちでやってみよう!

英語のレッスンに通えなかったら、早期英語は無理? 答えはNoです。

早期英語教育がなぜ有効と言われているのかと言うと、言葉を覚える段階の子供の耳は、言葉を覚えるのに最高の器官だと言われているからです。日本語も、特に親が子供に1から教える事なく、子供は周りの環境から自分の耳で聞いた言葉を覚え、言語として話し始めます。

そのため、早期英語教育は耳で聞かせ、言葉で話させる”listening”と”speaking”を中心としたカリキュラムを採用している所が多いです。リズム遊びであるリトミックや、英語の歌、絵カード合わせなど遊びを取り入れながら早期英語教育として進められているのです。

以上の事から、環境に英語を取り入れるなど、英語に触れさせる環境を作れば、おうちでも簡単な早期英語教育可能となるのです。また、自然と英語にお子さんを触れさせる事になりますので、英語に親しみが出て、苦手意識を持たなくなるなどのメリットも期待できます。次に、自宅で簡単にできる「おうち英語」の方法を見てみましょう。

英語の絵本(音が鳴るものもOK!)

未就園児にとって魅力的なおもちゃと言えば、音が鳴るもの、そして押せるものです。ご自宅の電気のスイッチからエレベーターの回数ボタン、自動ドアの開閉ボタンまで、あらゆる押せるものがあれば「押したい!押させて!」となるお年頃。

この年代の特性を生かして、絵本でも押すと音が鳴ったり、音楽が流れたりするものも多いですよね。代表的なのが、童謡の歌絵本ですが、実はこの英語バージョンの絵本も多くリリースされています。

英語の歌絵本には、きらきらぼし”Twinkle Twinkle Little Star”、おおきなくりのきのしたで”Under The Spreading Chestnut Tree”、いぬのおまわりさん”Doggy Cop And Lost Kitty”、おもちゃのチャチャチャ”Toys Dance The Cha Cha Cha”など、日本でもおなじみの童謡がたくさん収録されているものもあります。既に日本の童謡に支援センターやDVD、テレビなどで触れて知っている場合や、おうちに日本語の歌絵本があれば、同じ動揺の英語版も一緒に持っておくと聞き比べもできます。

日本語の歌絵本もそうですが、英語の歌絵本も同様に、オフボーカルのメロディが流せる「カラオケ機能」もついている事が多いです。もう少し大きくなると、自分でカラオケモードになって英語の童謡を歌い出します。これは、耳で聞いて、口から出す、という英語のインプット・アウトプットができる事を指しています。

英語のDVD

英語の絵本を買って読み聞かせをしてもいまいち…という方も多いと思います。そもそも絵本の読み聞かせをしようとしても、子供が勝手にページをめくってしまったり、興味なく離れて行ってしまったりもします。

英語の絵本だけでなく、今は英語のDVDもあります。もちろんずっと見せっぱなしはNGですが、親子で一緒に見ながら楽しむなら、自宅で簡単に子供に英語に触れる機会を作る事ができます。

どの英語のDVDを買っていいか分からない、という方も多いと思います。今は、子供向けのテレビ番組でも英語を扱ったものがたくさん放送されています。お子さんのお気に入りの英語番組があれば、そのDVDを購入すると効果的です。

視覚に訴える(お風呂やトイレにアルファベット表を張るなど)

耳で聞く事が早期英語教育には有効と言うのが分かりましたが、少し年齢が上がると、資格に訴える方法でも英語に親しめる方法があります。

代表的なのが、お風呂やトイレにアルファベットの表を張る事です。お風呂場で湯船につかって温まりながら言葉の勉強をする為に、ひらがな表を張っている、というご家庭も多いですよね?今は、アルファベット表も売られています。

リラックスしている時間に、親子で簡単に英語と触れ合える時間が作れますよ。

親が英語を使っている所を見せる!

無理に英語を聞かせる事がなくても、環境に英語が流れている状態を作る事もできます。それが、親が英語を使っている所を子供に見せる事です。

一番良いのが、外国人の方と親が話している所を見せる事ですが、なかなかそんな機会が持つ事ができない方がほとんどです。家で英語の曲を流すのも良いですね。親御さんがインターネット英会話などでレッスンを受けているのなら、その様子を見せるだけでも効果的ですよ。

番外編:無料の体験を色々受けてみる

おうち英語とは少し離れますが、自治体の支援センターや保育園、児童館、幼稚園などでは英語のレッスンが受けられるイベントや、無料体験を開催している事があります。いずれも無料で開催していますので、英語に気軽に親しめるイベントとなっており、今後英語のレッスンに通わせたいけれども、我が子に向いているか不安になる方、英語のレッスンを行っている保育園や幼稚園に通わせたいと思っている方にもお勧めです。

まとめ

いかがでしたが?

お出かけだけでも大変な未就園児の時期、英語のレッスンなんて絶対に無理!というご家庭も多いと思います。ちょっとの工夫でご自宅でもお子さんに英語に触れさせる機会はたくさんあります。

あなたも今日から気軽に、「おうち英語」を始めてみませんか?