オンライン英会話

この「ことわざ」、「英語」で何と言う?シリーズ、今回は、」のつく「ことわざ」を英語に翻訳してみました。

橋とは、地面や水面よりも高い場所に設けられた道のことで、アーチ状のものから真っ直ぐなもの、地面に水平に吊り下げられたものなど、橋の種類は様々です。

日本では東京都中央区の「日本橋」や京都府宇治市の「宇治橋」などが有名ですよね。世界的には「ブルックリン橋(アメリカ・ニューヨーク州)」や「タワー・ブリッジ(イギリス・ロンドン)」、「プエンテ・ヌエボ橋(スペイン・ロンダ)」などが有名です。

また、日本語では「はし」とつく言葉は「橋」以外にも、「箸」や「端」、「土師」などがあり、それぞれイントネーションの違いで区別しています。これは日本語ならではの面白さかもしれませんね。また、橋本や棚橋など橋のつく名字もたくさんあるのも「橋」の興味深いところです。

さて、今回は、そんな「橋」のつく「ことわざ」を4つ選んで英語に訳しました。

1.石橋を叩いて渡る

「石橋をたたいて渡る」は、慎重で手堅いことを意味する「ことわざ」です。木や土の橋ならまだしも、頑丈であろう石の橋の強度をしっかりと確認していることから、「慎重すぎる人」「臆病すぎる人」への皮肉として使うこともあります。

英語では
「knocking a stone bridge before crossing it.」
と翻訳することができます。

また、「二度聞いてから一度言え」という似た意味を持つ英語の「ことわざ」があります。

英語では
「Hear twice before you speak once」
と翻訳することができます。

2.危い橋を渡る

「危ない橋を渡る」は、冒険することや危険なやり方で仕事をすることを「意味」する「ことわざ」です。いまにも落ちそうな危ない橋は渡りたくないものですが、時には渡らなければいけないシチュエーションがあるかもしれません。先に紹介した「石橋を叩いて渡る」とは反対の意味を持つ「ことわざ」です。

英語では
「Cross the dangerous bridge」
と翻訳することができます。

また英語では「あえて危険を冒す」という「ことわざ」があり。

「stick one’s neck out」

と翻訳することができます。

3.危い橋も一度は渡れ

今度は自ら「渡る」のではなく、「渡れ」と指示されています。「危ない橋も一度は渡れ」は、思い切って大きな勝負に出なければ、大きな収穫は手に入らないことを意味する「ことわざ」です。着実な方法を選ぶほうが安全で確かですが、一生に一度の機会に恵まれたときは、思い切って挑む方が良いという意味があります。

英語では
「Cross also a dangerous bridge once.」
と翻訳することができます。

また、似た意味の英語の「ことわざ」に「思い切ってやらなければなにも得られない」があります

英語では
「Nothing ventured, nothing gained.」
と翻訳することができます。

4.江戸は八百八町、大坂は八百八橋

江戸は町の数がとても多く、大阪は堀や川にかかった橋の数が多かったそうです。「江戸は八百八町、大阪は八百八橋」は、そうしたそれぞれの町が賑わう様子を例えた「ことわざ」です。「八百八」は、数の多さを表しており、江戸は町、大阪は橋が多いことを意味します。

英語では
「Edo is eight hundred eight towns, Osaka is eight hundred eight bridges.」
と翻訳することができます。

まとめ

今回は、「橋」のつく言葉にまつわる「ことわざ」をまとめてみました。

門前の小僧 習わぬ経を読む」という「ことわざ」があるように、英語を学ぶ環境を整えれば、いつの間にか英語ができるようになっているはずです。日々の学習を頑張りましょう!

今後も様々な「ことわざ」や「名言」を翻訳していきますので、お楽しみに!