オンライン英会話

この「ことわざ」、「英語」で何と言う?シリーズ、今回は、「海・山」のつく「ことわざ」を英語に翻訳してみました。

夏のレジャーと言えば「海にする? 山にする?」という話題が定番ですよね! そんな「海・山」は、どのように定義されたものを差すのかご存知ですか?

まず、地球の陸地以外を「海」といい、地表の約70%を海が占めています。海はすべて繋がっているものを差し、海につながっていないものは塩を含んでいても「湖」とされます。

そして、平地に比べて盛り上がった地形を「山」といいます。「丘」との違いは定義されておらず、標高3mでも丘ではなく山と呼ばれているものがあります。日本ではたくさんある状態を「山のように」と言うように、度々比喩に使われることがあります。

そんな「海・山」のつく「ことわざ」を今回は5つ選んで英語に訳しました。

1.井の中の蛙 大海を知らず

自分だけの狭い見識に捕らわれ、外の広い世界を知らない世間知らずを「ことわざ」では「井の中の蛙 大海を知らず」といいます。井戸の中が全ての世界だった蛙にとって、どこまでも広く続く海は思いもつかない世界です。

私たち人間も家に籠っているだけでは、この蛙と同じく大海を知ることはできません。こうして英語を勉強することも、広い世界を知るきっかけになっているはずです。

英語では

「A frog in a well does not know the ocean. 」

と翻訳することができます。

“well”は、ここでは名詞の「井戸」を意味します。

2.大海の中の一滴

「大海の中の一滴」は、とても大きなものの中に、非常に小さなものがある様子を意味する「ことわざ」です。

英語では

「A drop in the ocean.」

と翻訳することができます。

”drop”は「○○を落とす、降ろす」などの動詞でつかわれますが、ここでは名詞の「しずく」の意味で、”a drop” で「ひとしずく」を意味します。

3.妻の言うに 向山も動く(つまのいうにむこうやまもうごく)

「妻の言うに 向山も動く」は、夫にとって妻の言葉は、山が動くほど強さを持つということを意味する「ことわざ」です。本来は動くはずのない山でさえ、妻の一言では動くと比喩することで、「無視することはできない」という意味を持ちます。

英語では

「A wife’s words move even mountains.」

と翻訳することができます。

4.山のものと嫁の見置きはない

「山のものと嫁の見置きはない」は、キノコや木の実などの山の幸と同じく、年頃の娘は早く手に入れたもの勝ちであると例えた「ことわざ」です。

山で見つけたキノコを「後で採ろう」と時間を置いてしまうと、後から来た人に採られてしまうことがあります。同じように良い人も「後で声をかけよう」と時間を置いてしまうと、誰かにとられてしまうかもしれません。気になったらすぐに行動すべし! という教訓が込められています。

英語では

「Get the bride and mushrooms as soon as possible.」

と翻訳することができます。

”A as soon as possible”は「できるだけ早くAする」という意味です。”bride”は「花嫁、新婦」を意味します。

5.山彦(やまびこ)と女はおなじように秘密をたもつ

「山彦」とは、日本の山にいるとされる神・精霊・妖怪です。山に向かって声をかけると、反響して自分の声が聞こえることを昔は「山彦が応えた」と考えていました。

そのため、山彦は自分が話したことをすぐに話してしまう(反響させてしまう)います。女性も山彦のように聞いたことをすぐ誰かに話してしまうことから「山彦と女はおなじように秘密をたもつ」という「ことわざ」があります。

「山彦と女はおなじように秘密をたもつ」は、隠し事は女性に話してはならないことを意味する「ことわざ」です。隠し事をする際には、女性にバレないようにすると吉かもしれませんね。

英語では

「Woman speak a secret like echoes.」

と翻訳することができます。

”echo”は「音の反響」を意味し、ここでは「こだま」や「山彦」として訳しています。

まとめ

今回は「海・空」のつく言葉にまつわる「ことわざ」をまとめてみました。

広くどこまでも続いている「海・山」のように、スケールの大きさを例えた「ことわざ」をピックアップしました。海と山は万国共通なので、英語で「ことわざ」を言えると海外の人との交流のきっかけになるかもしれません。

今後も様々な「ことわざ」や「名言」を翻訳していきますので、お楽しみに!