「英語で何て言う?」コーナー、今回は「distance」についてです。
「距離」を意味する「distance」ですが、日本語で「距離」というとある地点と地点の井田にある物理的な「距離」と、人との親しさの程度を表す「距離」の2つ意味がありますよね。このどちらも「distance」を用いることができます。
今回は「distance」を使った基本表現や「distance」に関する英語を解説します。

「distance」を使った基本表現

「distance」は名詞で、単なる「距離」と「遠い距離」の2つの意味があります。複数形は「distances」です。
例文を紹介します。
Aさん
The distance from Tokyo to Naha is about 1,550km.
訳)東京から那覇までの距離は約1550キロある。

Aさん
I have been feeling the distance between you and I recently.
訳)私は最近あなたと距離を感じています。
解説)「have + 過去分詞」は「~し続けている」と、なにかが現在まで継続している状態を表します。

Aさん
It’s a short distance from this station to the museum.
訳)この駅から美術館まではほんの少しの距離ですよ。

Aさん
The supermarket is within walking distance of here.
訳)スーパーはここから歩いて行ける距離にある。
解説)「ここから」は「from here」と表現するのが一般的ですが、この場合は「of here」を用います。

「distance」を使った英語

a short distance「短距離」
a middle distance「中距離」
a long distance「長距離」
a long-distance race「長距離走」
a long distance call「市外通話」

長距離走のことを「marathon(マラソン)」と言いますが、学校などで行うマラソン大会のことは「long-distance race」といいます。紀元前490年、マラトン(Marathon)の戦いでギリシャがペルシャに勝ち、それをひとりの兵士がアテネまで走り続けたと言われています。この故事を記念した競技がマラソンで、42.195kmの距離はマラトンーアテネ間のそれに近いです。
また、駅伝は「an ekiden」と表現しますが、説明するときには「a long distance relay」と言います。

「distance」を使った応用表現

この章では「distance」を使った熟語を紹介します。

at a distance「少しはなれたところに」
in the distance「遠方に」

例文を紹介します。
Aさん
I followed her at a distance.
訳)私は彼女の少しあとをついていった。

Aさん
We saw Mt. Fuji in the distance.
訳)遠くに富士山が見えた。

Aさん
I heard a temple bell ringing in the distance.
訳)遠くでお寺の金が聞こえた。

「距離」に関する英語

この章では様々な「距離」に関する英語を紹介します。

距離の程度を表す形容詞:「distance」「near」「long」「short」

distant「遠い」
near「近い」
long「長い」
short「短い」

「distant」と「near」は反対語の関係にあたります。「near」は形容詞、副詞、前置詞として働きますが、ここでは形容詞としてはたらく「near」を紹介します。
また、「long」や「short」は距離だけでなく、時間や身長の程度を表す形容詞としても用いられます。
Aさん
Mars is very distant from the earth.
訳)火星は地球からとても遠い。

Aさん
Italy is a distant countly.
訳)イタリアは遠い国だ。

Aさん
Where is the nearest post office?
訳)いちばん近い郵便局はどこですか。

Aさん
Which station is nearer, Shibuya of Harajuku?
訳)渋谷と原宿ではどっちの駅が近いですか。

Aさん
Bob and Bess will marry in the near future.
訳)ボブとベスは近い将来結婚するだろう。

Aさん
Everyone was hungry after the long walk.
訳)長い距離を歩いたのでみんなおなかがすいていた。

Aさん
The tunnel is short.
訳)そのトンネルは短い。

距離の程度を表す副詞:「far」と「near」

「far」と「near」は反対語の関係にあたります。「far」は疑問文・否定文でよく用いられ、肯定文では「a long way」がよく用いられます。ここでは副詞としてはたらく「near」を紹介します。

far, a long way「遠くに」
near「近くに」

例文を紹介します
Aさん
Is the station far from here?
訳)駅はここから遠いですか。

Aさん
It isn’t far from here to the school.
訳)ここから学校までは遠くない。

Aさん
How far is it from here to the hotel?
訳)ここからそのホテルまでどのくらい距離がありますか。

Aさん
It’s about five hundred meters.
訳)約500メートルです。

Aさん
My aunt moved far away.
訳)おばは遠くへ引っ越していった。

Aさん
The zoo is a long way from the station.
訳)動物園は駅からは遠いです。

Aさん
Judy and Mary lived near each other.
訳)ジュディーとメアリーは近くに住んでいた。

Aさん
There is a hospital near by.
訳)すぐ近くに病院があります。

距離に関する英語:「tele-」と「all the way」

「tele-(遠い、遠距離の)」と「all the way(途中ずっと、はるばる)」の2つについて解説します。
「tele-」は「遠い、遠距離の」という意味の接頭語で名詞や動詞を作ります。

「tele-」を使った単語の例)
tele + phone(音)「電話」
tele + scope(見る器具)「望遠鏡」
tele + vision(見ること)「テレビ」
tele + gram(書いたもの)「電報、電文」

Aさん
I walked all the way with her.
訳)私は途中ずっと彼女といっしょにあるいた。

Aさん
He came all the way from France.
訳)彼はフランスからはるばるやってきた。

Aさん
I had to stand all the way to Nagoya because the train was crowded.
訳)電車はこんでいたので、名古屋までずっとたっていなければならなかった。

まとめ

今回は「distance」を使った表現や「距離」に関する英語を紹介しました。
「距離」や「遠い距離」を意味する「distance」ですが、文脈からどちらが使われているのか読み取れるようにしましょう。
また「遠くで」を意味する「in the distance」は便利な熟語ですので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

では、次回をお楽しみに!
参照:アンカー 大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行 (株式会社学研プラス)