「英語で何て言う?」コーナー、今回は「dinner」についてです。
毎日食べる「dinner」ですが、日本語のもつ豪華な「ディナー」とは少し意味が異なります。
今回は「dinner」に関する会話表現や食事に関する英語を解説します。

「dinner」を使った基本表現

この章では「dinner」を使った基本表現を解説します。
「dinner」の元々の意味は「一日の食事のうちで中心となる食事」で、ふつうは「夕食」をさしますが、「Sunday dinner(サンデーディナー)」のように日曜の昼の遅い時間にとる食事の場合は「夕食」という意味にはなりません。「Sunday dinner」の後などの簡単な夕食は「dinner」とはいわず「supper」といいます。
「dinner」は通常「a」をつけず、複数形はありません。
それでは、「dinner」を使った例文を紹介します。

Aさん
Mom is making dinner for us.
訳)お母さんは私たちに夕食を作っているよ。


Aさん
Dinner is ready.
訳)夕食ができたわよ。


Aさん
We usually have dinner around six.
訳)うちはふつう6時ごろに夕食をとる。


Aさん
She cooked us a good dinner.
訳)彼女はおいしい夕食を作ってくれた。
解説)「dinner」に形容詞がつくと「a」が必要になります。


Aさん
Mr.and Mrs. Smith asked us to dinner.
訳)スミス夫妻が私たちを夕食に招待してくれた。


Aさん
Why don’t you come over for dinner?
訳)うちに来て夕食でも一緒にどうですか。


Aさん
Do you want to go out for dinner?
訳)夕食は外で食べようか?


Aさん
What’s for dinner?
訳)夕食は何?


Aさん
I usually have dinner together with my family.
訳)夕食はふだん家族でいっしょにとっている。


Aさん
What do you usually do after dinner?
訳)夕食後はふだん何をしてる?


Aさん
The ambassador gave a dinner.
訳)大使は晩餐会を開いた。

日本語で「ディナー」というと豪華な夕食という印象が強いですが、英語の「dinner」には正式な晩餐会、夕食会という意味だけでなく日常的な「夕食」という意味で用いられることが多いです。

ディナーに食べるものの一例

soup「スープ」
salad「サラダ」
entree「主菜」
desert「デザート」
coffee/tea「コーヒー/紅茶」

食事に関する英語

続いて、「dinner」と関連して食事に関する英語について紹介します。

「lunch(昼食)」 について

昼食を意味する「lunch」は修飾語を伴わない時は「a」をつけず、複数形もありません。
アメリカでは、生徒は昼食を学校の「cafeteria(カフェテリア)」でとり、日本のように教室で食べることはまずありません。弁当を家から持ってくるときは、入れ物は「lunch box(手さげのついた小型のケース)」や「lunch bag(紙ぶくろ)」がよく使われます。その中身のことは「box lunch」といい、ハンバーガーやサンドイッチなどが多いです。
また「luncheon」も同様に「昼食」という意味を持ちますが、「lunch」よりも格式ばった言葉で「昼食会」や「午餐会」のように正式なものをいうことが多いです。

例文を紹介します。

Aさん
Now let’s have lunch.
訳)さあ、お昼にしよう。


Aさん
What are you going to have for lunch?
訳)お昼は何を食べるの?


Aさん
We played volleyball after lunch.
訳)昼食後にバレーボールをした。


Aさん
I had a light lunch.
訳)昼食は軽くすませた。


Aさん
It’s lunchtime.
訳)お昼だ。
解説)昼食時間は「lunchtime」、お昼休みは「lunch break」です。

「breakfast(朝食)」について

「朝食」を意味する「breakfast」は、「break(…を破る)」+「fast(断食)」から成り立ちます。これは、「一晩中絶食していたのをやめて朝になって食事をすること」という意味からきています。
「dinner」や「lunch」と同様に、通常「a」をつけず、複数形もありません。
イギリスやアメリカでは、朝食にはコーヒー・ジュースなどの飲み物と、パン・卵(オムレツや目玉焼きなど)・ベーコン(またはハム)・シリアルなどを食べます。なお、イギリス特有の食べ物としては、タラやニシンなどがあります。
「English breakfast(イギリス式の朝食)」は「continental breakfast(大陸式の朝食)」にくらべて質・量ともに豊富です。
ここで食事に関連した英語の例文なぞなぞを紹介します。

Aさん
What two things can’t you eat for breakfast?
訳)朝食に食べられない2つのものってなあに?

Bさん
Lunch and dinner.
訳)昼食と夕食です。


「朝食」で食べるものの一例

bacon and eggs「ベーコンエッグ」
toast「トースト」
cereal「シリアル」
tea「紅茶」

つづいて、例文を紹介します。

Aさん
I have breakfast at seven on weekdays.
訳)平日は7時に朝食を食べる。


Aさん
What do you usually have for breakfast?
訳)ふだん朝食は何を食べているの?


Aさん
I had a good breakfast this morning.
訳)けさは十分な朝食をとった。


Aさん
Breakfast is ready.
訳)朝ごはん、できたわよ。


Aさん
I’m coming.
訳)いま行きます。

「brunch(ブランチ)」について

「brunch」に相当する日本語がないため、そのままの発音を用いて「ブランチ」と訳されることが多いですが、正確には「昼食も兼ねたおそい朝食」のことをいいます。
「breakfast」と「lunch」を組み合わせてできた言葉です。
例文を紹介します。

Aさん
I missed breakfast today so I’m having brunch instead.
訳)今日朝食を逃したので代わりにブランチを取ります。


Aさん
Do you want to have brunch this Sunday?
訳)日曜日ブランチをしませんか。

おやつや軽食について

おやつや軽食を意味する英語を2つ紹介します。

1)afternoon tea
最近は日本でもホテルやカフェ等で提供されるようになり、女性に人気な「afternoon tea」ですが、元々はイギリスで午後4時ごろにとる軽い食事のことを意味します。紅茶と共にサンドイッチやケーキを食べ、単に「tea」とも言います。
2)「snack」について
「軽食」や「間食」、「おやつ」を意味する英語が「snack」です。
コンビニでレジ横に「hot snack」と置かれていることも多いため、「afternoon tea」よりも身近なものではないでしょうか。
日本語で「スナック」というとはお酒を提供するお店のイメージが強いですが、英語ではお店のことは「snack bar」といいます。

まとめ

今回は「dinner」に関する英語や会話表現と1日の中で食べる様々な食事についても紹介しました。
ぜひ、覚えて使ってみてくださいね。
では、次回をお楽しみに!

参照:アンカー 大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行 (株式会社学研プラス)