いよいよ近づいてきた東京オリンピック!オリンピック観戦で来日した外国人の方との出会いや仕事先でオリンピック関連の話題が増えることでしょう。そんなとき、カタカナ英語で発音していては通じませんよー!早速、オリンピック関連の英語表記やアクセントをチェックしていきましょう。

オリンピックの英語表記とアクセント

まずは東京オリンピック、開会式、閉会式などに関する英語表記とアクセントからチェックしていきましょう。

オリンピックの英語表記とアクセント

The Olympics Gamesジ オリーンピクス ゲームス
The Olympicsジ オリーンピクス

オリンピックの英語表記のポイントは2つ。

  1. オリンピックの「リ」にあたる部分は、“ly”で表記します。「ン」にあたる部分は、“n”ではなく、“m”を使います
  2. 最後の“Games”のところは、競技がたくさんあることから複数形の“s”がついた「ゲームス」で表します

英語のアクセントにおけるポイントも2つ。

  1. アクセントは「リ」の部分。「オリーンピクス」という感じに「リ」を強調します
  2. 冒頭につける“The”は、母音“O”の前だから「ザ」ではなく、「ジ」と発音しましょう

日本語では、あまり抑揚をつけずに「オリンピック」と発音しますが、英語では「オリーンピクス」と、アクセントを強調して発音するのがポイントです。

東京2020オリンピックの英語表記とアクセント

The 2020 Olympicsザ トゥンティ― トゥンティ― オリーンピクス
The Tokyo Olympicsザ トウキョウ オリーンピクス

オリンピックの英語表記に関する基本をおさえたら、「東京オリンピック」の言い方をチェックしましょう! 英語表記の際の基本ルールは、Olympicsの前に、「開催年」もしくは「開催都市」をつけるというものです。
ここで、開催年である2020年の英語の読み方に、ちょっと迷いませんか? これは “twenty twenty”(トゥンティ― トゥンティ―)と発音します。
つまり英語では、「二千二十年(two thousand twenty)」ではなく、「二十 二十」と表現するのが一般的なのですね。とてもネイティブ的なかっこいい表現のひとつなので、ぜひ覚えて使ってみましょう。

オリンピック競技に関する英語表記とアクセント

「私は水泳競技が好き」「陸上競技のチケットを持っている」といったことを、英語でさらっと言えるように、オリンピック競技関連の英語表記やアクセントを見ていきましょう

オリンピックの開会式・閉会式など式関連の英語表記とアクセント

Opening Ceremony開会式(オープニング セレモニー)
Closing Ceremony閉会式(クロージング セレモニー)
Olympic Awards Ceremonyオリンピック表彰式(オリーンピック ワード レモニー)
Medal Ceremonyメダル授与式(ダル レモニー)

式は「レモニー」で、アクセントは最初の「セ」におきます。開会・閉会は、開ける・閉めるという意の「オープニング」「クロージング」を使うだけでOKと意外と簡単です。
オリンピックの表彰式は、「ワード セレモニー」で、「ア」にアクセントをおきます。「メダル セレモニー」(メダル授与式)という表現も◎!
今から、日本人選手団(The Japanese Team)の入場シーンが楽しみですね。

オリンピックの聖火・聖火リレーの英語表記とアクセント

The Olympic Flame聖火(ジ オリーンピック フレィム)
The Olympic Torch Relay聖火リレー(ジ オリーンピック トォーチ リィーレイ)
オリンピックの聖火

聖火は、「火」を連想する“Fire”を使うよりも、「炎・火炎」という意を持つ“Flame”を使う表現が一般的です。
聖火リレーでは、元は「たいまつ」という意を持つ「トォーチ」を使います。アクセントは冒頭の「ト」ですが、“To”に続く“r”の発音を意識して、少し巻き舌の「ォー」を入れて、「トォー」と発音します。
リレーの発音も要注意。日本語式に「リレー」と言っては通じにくい!英語では冒頭の“re”にアクセントがあるので、そこを強めに「リィーレイ」と発音するのがポイントです

オリンピック競技の英語表記とアクセント

日本でも人気の競技について、英語表記と英語発音の際のアクセントについて確認していきましょう。

Aquatics水中競技(アクオァー ティクス)

水泳であれば Swimmingで良いのですが、例えば、飛び込み競技(Diving イビング)、シンクロナイズドスイミング(Artistic swimming アーティスティック スゥミング)、水球(Water polo ウォーター ロ)などを含めた水中競技全体は、「アクオァー ティクス」といいます。
そのことから、水中競技が行われる会場名は「東京アクアティクス センター(Tokyo Aquatics Centre)」と呼ばれています。
Athletics陸上競技 (アスレー ティクス)
Gymnastics体操 (ジムナース ティクス)
Judo柔道 (日本語とほぼ同じ、ジュードー)
Karate空手 (日本語の「カラテ」ではなく、「クラーテ」という発音に近い)
Football / Soccerサッカー (フットボール/サァッカー)
Table tennis卓球 (テーブル テーニス)

なお、東京オリンピックの公式サイト内に、競技ごとの日程などを検索できるページがあります。
https://ticket.tokyo2020.org/PriceInfo
このページにアクセス後、右下の方にある言語選択項目で「英語」を選択してみましょう。そのほかの競技の英語表記を確認することができます。興味のある競技について調べてみると楽しいですよ。

まとめ

オリンピックの英語表記やアクセントも、いくつかのポイントを押さえておけば、すぐに使えるものばかり!これを機に、オリンピック関連の英語を学んでみることで、新しい世界が広がるかもしれません。あなたもチャレンジしてみてはいかがですか?