「英語で何て言う?」コーナー、今回は「色(color)」についてです。
「color」といえば「色」という意味ですが、「色」のほかにも微妙にニュアンスの違う意味があります。
そして、「red(赤)」や「blue(青)」など、ひとつひとつの「color」には、その色ならではの意味もあります。
また、「color」のほかに「colour」という綴り方もありますが、この二つの綴りの違いはどのようにして生まれたのでしょうか?
それでは、多彩な「color」についてご紹介しましょう。

「color」の意味

「color」は、もともとラテン語の「color(外見、覆い)」が、フランス語「coulour」を経由して、英語になった言葉と言われています。
名詞の「color」の意味は「色」のほかに、白黒に対する「カラー、色彩」という意味や、「(はだの)色」という意味で使われることがあります。

Aさん
The book is full of color illustrations.
その本はカラーのイラストが豊富です。
Bさん
You should never judge people by the color of their skin.
人をはだの色で判断してはいけません。

複数形の「colors」は、「絵の具」という意味で使われます。水彩絵の具は「watercolors」ですが、油絵の具は「oil paint」です。
「color」には動詞もあり、「(…に)色をつける、色をぬる」「(髪)をそめる、カラーリングする」「色づく、赤らむ」という意味です。

Aさん
Color the circle red.
丸を赤くぬりなさい。
Bさん
I’d like to have my hair colored.
カラーリングをお願いします。
Aさん
Leaves change color in autumn.
木の葉は秋に色づく。

「color」と「colour」の違いって?

さて、この「color」ですが、同じ「色」という意味で「colour」という綴りも見たことがあるかと思います。
「color」はアメリカで、「colour」はイギリスで使われています。「colorful」という形容詞は「色彩豊かな、カラフルな」という意味になりますが、イギリスでは「colourful」と綴ります。
「colour」は、11世紀ごろにフランスがイングランドを支配していたことで、語尾が「-or」だった英語がフランス式の「-our」になったとされています。
「flavor(味)」や「humor(ユーモア)」なども、イギリスでは「flavour」、「humour」と綴られます。
「color」の方が英語としては根源的な表記であり、アメリカではもともとの「-or」の語尾に戻ろうという流れができたため、「color」と綴られるようになったという説があります。

それぞれの「color」には、いろんな意味がある!

代表的な色「red(赤)、blue(青)、yellow (黄)、green(緑)、black(黒)、white(白)」について、色そのもの以外の意味をご紹介しましょう。

red

「(顔が)真っ赤になった」、「(髪の毛が)赤みがかった」という意味があります。

Aさん
He turned red with anger.
彼はおこって真っ赤になった。

blue

「元気のない、ゆううつな」「(the bluesで)(音楽の)ブルース」を表します。

Bさん
You look blue.
ゆううつそうだね。

「blue Monday」は、日曜日のあとで学校などへ行くのがいやになることから、「ゆううつな月曜日」という意味です。
日本語の「青」は「blue」よりも意味が広く、「青信号」、「青葉」、「青リンゴ」のように、実際には「緑」でも「青」ということがあります。
英語では「青信号」は「green light」、「青葉」は「green grass」、「青リンゴ」は「green apple」のように、「green」を使います。

yellow

「卵の黄身」や、口語表現的で「臆病」といった意味があります。ちなみに、卵の白身は「white」です。

green

「(複数形で)葉物野菜、青物」、「草地、緑地、(ゴルフなどの)グリーン」、「(野菜・果物が)熟していない」、「(人が)未熟な、経験の浅い、青二才の」、「しっと深い、(顔色が)青白い」、「環境に配慮した、環境にやさしい」と、意味が広範囲に渡っています。

Aさん
The tomatoes in the garden are still green.
庭のトマトはまだ青い。

イギリスでは「have green fingers」で、「園芸がうまい」という意味を表します。アメリカでは「have a green thumb」といいます。

black

「(コーヒーが)ブラックの」、「黒人の」という意味で使われていましたが、「黒人の」というときは、「African-American」と使うのが好まれます。

Aさん
He’s a famous black musician.
彼は有名な黒人ミュージシャンだ。
Bさん
Barack Obama is the first African-American President of the United States.
バラク・オバマはアフリカ系アメリカ人で初めての米国大統領だ。
Aさん
He got a black eye in a fight.
彼はけんかをして目のふちにあざができた。

「黒い目」というときは「dark(brown) eyes」 を使います。

black and white photo白黒写真

「white and black」とはいわないので、注意です。

white

「(顔色が)青ざめた、血の気のない」、「白色人種の、白人の」という意味もあります。

Aさん
His face was white with fear.
彼の顔は恐怖で青ざめていた。
Bさん
the white race
白色人種
Aさん
His hair turned white.
彼の髪は真っ白になった。

「白髪混じりになる」というときは「turn grey」を使います。
また、「〜色の服を着た」と言いたいときは、「in」の後に色の単語をもってきます。

Aさん
She was dressed in white(red etc…).
彼女は白い(赤い など)服を着ていた。

「color」を使った表現

では、色に関する英語文をいくつかご紹介しましょう。

a bright(vivid)color明るい(あざやかな)色
a light colorうすい色
a dark color暗い色、こい色
a warm color暖色
a cold color寒色
a loud colorはでな色
Aさん
What color is your new cellphone?
あなたの新しい携帯は何色ですか?
Bさん
Black.
黒です。
Aさん
What is your favorite color?
何色がいちばん好きですか?
Bさん
Blue.
ブルーです。
Aさん
Our school colors are blue and white.
うちの学校のスクールカラーは青と白です。
Bさん
Do you have this in any other color?
これの色ちがい(ほかの色)はありますか?
Aさん
Keiko has fair(dark)skin.
慶子さんは色が白い(黒い)です。

まとめ

いかがでしたか?
「color」 は、日本語でも「カラー」というカタカナで日常的に使われている言葉ですが、詳しく調べてみると意外といろんな意味がありますね。
ところで、「red、blue、white」三色の縞模様のサインポールが、よく昔ながらの理髪店の入口に置いてありますが、なぜこの三色なのでしょうか?
これは昔、理髪師が外科医と歯科医を兼ねていた名残りなのだとか。「red、blue」は血管を、「white」は包帯を表しているそうです。
では、次回をお楽しみに!

参照:アンカー 大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行(株式会社学研プラス)