「英語で何て言う?」コーナー、今回は「close」についてです。
ひとことで「close」と言っても、動詞や形容詞、副詞とあらゆる品詞になり、それぞれ意味も異なります。
今回は多くの意味をもつ「close」に関する基本的な意味や、英語表現を解説します。

動詞の「close」

動詞には自動詞と他動詞があり、「close」も両方の形で使われます。3人称単数現在形は「closes」, 過去形は「closed」, 現在進行形は「closing」です。
自動詞・他動詞としてはたらくときの意味をそれぞれ紹介します。

自動詞の「close」

自動詞とは目的語を必要としない動詞のことです。「close」が自動詞としてはたらくときは、2つの意味があります。

  1. (ドアなどが)閉まる
  2. (店・テンポなどが)閉まる、終わる
Aさん

The elevator door closed.
エレベーターのドアが閉まった。

Aさん

The library closes at seven p.m. on weekdays.
その図書館は平日は午後7時に閉まる。

「平日」は「weekdays」です。月曜日から金曜日までを含んでいるため複数形になります。ちなみに「休日」は「a holiday」ですが、これには日曜日は含まれず、祝日や祭日を意味します。土曜日や日曜日を表すときには「a weekend(週末)」を使います。

Aさん

That company closed down last week.
あの会社は先週廃業した。

「close down」「(店・会社が)廃業する、(工場が)閉鎖される」という意味の熟語です。

他動詞の「close」

他動詞とは目的語を必要とする動詞のことです。「close」が他動詞としてはたらくとき、3つの意味があります。

  1. (ドア・窓など)を閉める、(目・本・かさなど)を閉じる
  2. (店・施設など)を閉める、店じまいする、廃業する
  3. (話・会合など)を終える、(募集など)を締め切る

例文

Aさん

Close the door.
ドアを閉めなさい。

Aさん

Now close your textbooks and answer my questions.
では教科書を閉じて質問に答えてください。

Aさん

They close the store every Wednesday.
その店は毎週水曜日が休みです。

「They」は「店の人」をさします。直訳すると「彼ら(店の人)は毎週水曜日に店を閉めます。」となりますが、訳すときは主語を「店」にしたほうが自然です。

形容詞の「close」

形容詞の「close」は動詞の「close」と大きく意味が異なります。比較級は「closer」、最上級は「closest」です。
「close」が形容詞として働くときの4つの意味を紹介します。

  1. (位置が)すぐ近くの、すぐそばの、(時間が)間近の
  2. 親しい、仲の良い
  3. [ふつう名詞の前に用いて]綿密な
  4. (試合などが)接戦の

1)の意味は「near」と似ていますが、「near」よりも近いことを表します。

例文

Aさん

What’s the closest planet to the Earth?
地球にもっとも近い惑星は何ですか。

この文では最上級を用いています。地球以外の惑星は、「Mercury(水星)」「Venus(金星)」「Mars(火星)」「Jupiter(木星)」「Saturn(土星)」「Uranus(天王星)」「Neptune(海王星)」です。

Aさん

It was close to lunchtime.
もうすぐ昼休みだった。

Aさん

WOur house is close to my school.
ぼくたちの家は学校のすぐ近くです。

Aさん

Take a closer look.
もっとしっかり見てごらん。

「take」はたくさんの意味を持つ多義語です。用法のひとつとして、動作・行動などを表す名詞を目的語にして「(ある行動を)する」という意味で使うことができます。ここでは「a closer look」という名詞を目的語にしています。

Aさん

The game was really close and exciting.
その試合は大接戦ですごくおもしろかったです。

ここでは「close」で「接戦」と表していますが、「a close game」で「接戦」と名詞で表すこともできます。

「closing」について

「closing」は動詞「close」の現在進行形であると同時に、「終わりの」という意味の形容詞でもあります。
「a closing ceremony」は「閉会式、終業式」です。

副詞の「close」

副詞の「close」は形容詞の「close」とほとんど同じ意味です。しかし、使い方が異なりますので、しっかり理解しておきましょう。

基本的用法

「close」が副詞として使われるとき、意味は「(位置が)すぐ近くに、すぐそばに」です。

例文

Aさん

We sat close together.
私たちはそばに寄って座った。

Aさん

Come closer to me.
もっと近くに来なさい。

また、「形容詞+ly」は一般的な副詞の形であり、「closely」という副詞も存在します。
意味は「注意深く、しっかりと」「(仕事などが)連携して、協力して、(関係などが)密接に」です。

例文

Aさん

Maybe you didn’t look closely enough.
しっかりと見なかったんじゃないの?

英語は肯定文ですが、訳は疑問文のようになっていますね。直訳すると「たぶんあなたは十分しっかりと見なかったのかもしれない」ですが、口語的に表すと、上記のような訳になります。これは英語ではよく使われる手法です。

また、「Maybe」は「もしかしたら、…かもしれない」という意味の程度を表す副詞です。同様の意味を持つ副詞として「probably」「perhaps」「possibly」がありますが、それぞれ微妙にニュアンスが違います。
文中で対象となるものに対する確信度が高い順に、「probably(80~90%)」「maybe(50%)」「perhaps(30~40%)」「possibly(10~30%)」です。パーセント表記はあくまでも目安です。

「close」を使った熟語

「close」を使った熟語を紹介します。

「close at hand」 近くに

Aさん

The final exam is close at hand.
期末試験は間近だ。

「exam」は「examination」の略です。「examination」は改まった言い方で、ふつう「exam」を用います。「a final exam」は「期末試験」、「a midterm exam」は「中間試験」です。

「close by」 すぐ近くに

Aさん

My grandparents live close by.
祖父母はすぐ近くに住んでいる。

「get close to」 …に近づく、親しくなる

Aさん

I want to get close to that artist.
私はその芸術家と親しくなりたい。

まとめ

今回は「close」に関する英単語や英語表現を紹介しました。
「close」は品詞によって意味が大きく変わり、使い方に注意が必要なことがわかりましたね。様々な品詞としてはたらくという事は、その分汎用性の高い単語であるといえます。ぜひ、それぞれの使い方を覚えて使ってみてくださいね。
では、次回をお楽しみに!

参照:アンカー 大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行(株式会社学研プラス)