「英語で何て言う?」コーナー、今回は「電話」にまつわる英語です。
「電話」は、英語で「telephone」ですが、口語では「phone」が一般的に使われます。現代の日常生活では、電話は必須アイテムであり、スマートフォンなどの登場でその用途も広がっています。
今回は、「電話」に関する単語や、日常会話でよく使われる表現まで解説していきます。

「電話」にまつわる英単語まとめ

まずは、「電話」に関する英単語を紹介します。
「電話」は、英語で言うと「a telephone」で、複数形は「telephones」です。口語では、「a phone」です。また、「a call」も「電話」を意味し、「call」は「電話をかける」という動詞としてよく使われます。
「電話」と関連する英単語として、「phone book(電話帳)」、「pay phone / phone booth(公衆電話、電話ボックス)」、「phone card(テレホンカード)」、「phone number(電話番号)」、「smartphone(スマートフォン)」などがあります。

「電話」を意味する英語表現

この章では、前の章で紹介した「電話」を意味する「phone」と「call」の使い方を解説します。「phone」と「call」のそれぞれの意味を理解して、どのように使い分けるのかをしっかり押さえておきましょう。

「phone」の使い方

日常会話の中では、「電話」は「telephone」ではなく、「phone」を使う場合がほとんどです。「phone」は、実際にかけたり、かかってきたりする「電話を通しての会話」というよりも、機械としての「電話機」そのものを意味します。

「電話で話す」
「電話で話す」は、「talk on the phone」といい、ほかに「on」の代わりに「by」を使って「talk by the phone」とも言います。
「電話を切る」
「電話を切る」は、「hang up the phone」 で、「電話を切らないでください」は、「Don’t hang up the phone.」または「the phone」を省略して「Don’t hang up.」と言います。
そのまま切らずに待ってほしいと伝えたい時は、「Hold on a second, please.」(そのまま少々お待ちください)を使います。
「電話を借りる」
「電話をお借りしていいですか」とたずねる時は、「May I use your phone?」で、それを許可する時は、「Sure, go ahead.」(ええ、どうぞ)と答えます。

「call」の使い方

「call」も「phone」と同様に「電話」を意味しますが、「電話の呼び出し」や「通話」のニュアンスで使われます。

「電話ですよ」(現在形)
「(あなたに)電話ですよ」は、「There’s a (phone) call for you.」で、「(近くにいる人に)電話ですよ」と知らせる時は、「It’s for you.」と言って受話器を渡します。
「電話があったよ」(過去形)
「(留守中に)お母さんから電話があったわよ」は、「You had a (phone) call from mom.」で、「had」の代わりに「get」の過去形「got」を使って、「You got a call from mom.」とも表現できます。
「(…に)電話する」
「…に電話する」は、「give … a call」で、「今度町に来たら電話ちょうだい」は「Give me a call next time you’re in town.」と言います。同様に「make a call」も「電話する」という意味ですが、この表現を使うと、通話の相手を明示する必要がありません。例えば、「日本に国際電話をかける必要があります」と言いたい時は、「I need to make a call to Japan.」で、日本に電話するということだけを伝えられます。

「電話をかける」を意味する英語表現

前章の最後に、名詞「call」を使った「電話する」という表現を紹介しました。この章では、同じ「電話をかける」を意味する 動詞「call」の基本的な使い方を解説します。例文は、電話にまつわる会話でよく使われる表現ばかりですので、覚えておくと便利です。

他動詞「call」(…に電話をかける)の使い方

他動詞は、必ず動詞の後に目的語がきます。他動詞「call」の場合は、「誰に」電話をかけるかを明示して使います。
「I called Mary this morning, but nobody answered.」は、「今朝メアリーに電話したんだけど、だれもでなかったよ」という意味です。「電話に出る」は、「answer」がよく使われますが、「pick up」を使って、この例文では「nobody picked up.」(誰も出なかった)と言うこともできます。
「Call this number in case of emergency.」は、「緊急の場合はこの番号にお電話ください」という意味です。「call」の後に目的語の「this number」(この番号)が置かれ、具体的な番号にかけるように指示しています。また、「Please call me at this number.」は、「この番号に電話してね」と訳せますが、話し手が電話番号を伝えながら、自分自身にかけてほしいと言っています。このケースでは、「this number」の前に前置詞「at」を置いて「この番号に」と表現しますので注意しましょう。
「How late can I call you tonight?」は、「今晩何時ごろまでだったら電話していい?」という意味です。電話をかける上で、事前に相手の迷惑にならない時間を確認する場面で使います。日本語の「何時頃まで」「How late」(どのくらい遅くまで)で表現しています。

自動詞「call」(電話をかける)の使い方

自動詞は、動詞の直後に目的語などの名詞を置きません。自動詞「call」の場合は、「誰に」電話をかけるかを明示しなくても使うことができます。
「I’ll call again later.」(あとでまた電話します)は、話したかった人が不在だった場合などに、電話に出た人に告げる表現で、誰に電話をかけるかは周知の事実として、自分が後でまた電話することを伝えることに重点が置かれています。
「Thank you for calling.」(お電話ありがとうございます)は、電話を受けた人が言う表現です。電話の最後に言うことが多いですが、企業への問い合わせなどの場面では、一番最初に言われるフレーズでもあります。

その他の「電話」にまつわる会話表現

最後に、「電話」にまつわる会話表現をさらに紹介します。
電話を受けた時の応対など日常的によく使う表現ばかりです。

Aさん
Who’s calling, please?
(どちらさまですか)

Aさん
Who are you calling, please?
(どなたにおかけでしょうか)

Aさん
Please call me later.
(あとで電話してね)

Aさん
I’ll call (you) back later.
(あとでこちらから電話をかけ直します)

Aさん
Talk to you later.
(またね)

まとめ

今回は「電話」に関する英単語や英語表現を紹介しました。
「電話」を意味する単語の使い分けから、日常会話で使える表現までたくさん紹介しました。ぜひ使ってみてくださいね。
では、次回をお楽しみに!

参照:アンカー 大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行(株式会社学研プラス)