「英語で何て言う?」コーナー、今回は「本」についてです。
「本」は、英語で「a book」ですが、絵本やマンガなど、本にも様々な種類があります。
今回は「本」に関する単語や、基本表現から応用表現まで掘りさげていきたいと思います。

「本」に関する英単語まとめ

まずは、「本」に関する英単語を紹介します。
「本」は、英語で言うと「a book」で、複数形は「books」です。
「本」と関連する英単語として、「本箱」は「bookcase」、「本棚」は「bookshelf」、「パンフレット」は「booklet」、「しおり」は「bookmark」、「本屋」は「bookstore (bookshop)」、「本好きの人(本の虫)」は「bookworm」です。
また、「book」は「本」を意味する名詞だけではなく、「予約する」という意味の動詞としても使われます。使い方は後の章で解説します。

「本」の様々な種類

この章では、様々な種類の「本」を紹介します。

絵本a picture book
マンガ本a comic book
子どもの本a children’s book
教科書a textbook
参考図書 (辞書・百科事典など)a reference book
アドレス帳、住所録an address book
電話帳a phone book
小説a novel
料理本a cook book

「本」には様々な種類がありますが、まずは大きく小説などの「フィクション」(fiction)と、小説や物語以外の「ノンフィクション」(nonfiction)に分けられます。「fiction」(創作)の中には、マンガ本(comic books)がありますが、アメリカの最大手書店チェーンなどでは、「Manga」というコーナーがあるくらい日本の漫画が浸透しています。
また、「電子書籍」(E-book)の普及に伴い、現在では、様々な種類の「電子書籍リーダー」(Electronic book reader)が販売されています。「E-book」は、他にも、「electronic book」「digital book」とも言われます。

「book」に関わる基本表現

この章では、名詞の「book」(本)動詞の「book」(予約する)の基本的な使い方を解説します。

「book」(本)を使った基本表現

まず、「本」に関わる基本的な表現をおさらいしましょう。

本を読むread a book
本を書くwrite a book
本を出版するpublish a book
本を借りるborrow a book
本を参照するrefer to a book

つづいて、より具体的な表現方法を例文で紹介します。
「その本を2日で読んだ」は「I read the book in two days.」で、前置詞「in」を使って、時間の流れを捉えていることに着目しましょう。
「どんな本を読むの?」と聞きたい時は、「What kind of books do you read?」とたずねます。似た表現として、「Which books do you read?」もありますが、これは、目の前の本の中から1冊または複数冊を特定する意図で聞く場合の表現です。
「He is keeping the books now.」は「彼はいま帳簿をつけている」という意味で、「(継続的に)記録する」という「keep」を使った表現です。

「book」(予約する)の使い方

「本」でなく動詞の「予約する」という意味の「book」の使い方を紹介します。
「I booked two tickets for the concert.」は「音楽会の切符を2枚予約した」です。
同様に、「座席を予約する」は「book seats」、「部屋を予約する」は「book a room」と表現します。

「本」に関わる応用表現

この章では、「本」を使った応用的な英語表現を3つ紹介します。

「by the book」

頑固で融通の利かない様子は「by the book」を使って表現できます。
「He does everything by the book.」は「彼は全てのことを規則に従ってやる」という意味で、ここで使われている「does」は、「go」や「run」に置き換えることもできます。

「an open book」と「a closed book」

秘密がなく正直な人を「an open book」と表現し、反対に、「a closed book」で、得体の知れない人や物を表します。
例えば、「She is an open book.」は、「彼女は何の秘密もない」という意味で、隠し事をしない性格を表します。また、「Open-book exam」は、「教科書の持ち込みが許された試験」を意味します。一方、「Science is a closed book to him.」で、「科学は彼には全くわからない」という意味になります。

「Don’t judge a book by its cover」

人を見た目で判断してはいけないという格言を英語では、「Don’t judge a book by its cover」と言います。「本は表紙で判断するな」が直訳ですが、人や物事の性格や本質を外見だけで判断するべきではないという表現です。
このように「book」を使った応用表現はたくさんあり、「book」を必ずしも「本」という意味で捉えずに使われていることがわかりますね。

まとめ

今回は「本」に関する英単語や英語表現を紹介しました。
「本」に関する基本的な表現から、日常会話で使える表現も紹介しました。ぜひ使ってみてくださいね。
では、次回をお楽しみに!

参照:アンカー 大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行(株式会社学研プラス)