「英語で何て言う?」コーナー、今回は「any」のおさらいです。

「any」は、使われる文の種類(肯定文、否定文、疑問文)によって、意味が変わる単語で、形容詞、副詞、代名詞として使われます。

今回は、「any」とあわせて「some」の使い方についても正しく理解しながら、「any」の基本的な表現から応用表現まで解説します。

「any」と疑問文・否定文・肯定文

「any」は、使う文脈によって意味が変わる点を押さえておくと、様々な場面で使えるとても便利な単語です。

日常会話の場面でよく使われますので、意味の違いをしっかり理解しておきましょうね!

疑問文または「if」で始まる文章

疑問文または「if」で始まる文章の中で使われる場合、可算名詞の複数形の前に置いて、「いくつかの」や「何人かの」という形容詞的な意味で使われるのが一般的です。

  • Do you have any brothers?「男のきょうだいはいますか」
  • If you have any questions, come and ask me.「何か質問があれば、聞きにきてください」

「any」+ 不可算名詞

同様に、不可算名詞の前に置いて、「いくらかの」という意味でも使われます。

Is there any milk left in the carton?「パックに牛乳がまだ残ってる?」

否定文: 「any」+ 可算名詞(複数形)

否定文の中で使われる場合、可算名詞の複数形の前に置いて、「1つも(1人も)…ない」という意味になります。

I don’t have any pets. 「私はペットを飼っていません」

「not…any」は、「no」と同じ意味として使われますので、上の文章は、「I have no pets.」と言い換えられます。また、否定文では「any」を主語として使うのは誤りで、「どの生徒も来なかった」は、「No students came.」になります。「Any students did not come.」とは言わないので、注意しましょう。

否定文: 「any」+  不可算名詞

不可算名詞の前に置いて、「少しも(何も・誰も)…ない」 という意味でも使われます。

There isn’t any water in the swimming pool.「プールには水がまったくない」

肯定文: 「any」+  単数名詞

肯定文の中で使われる場合、単数名詞の前に置いて、「どんな…でも」、「どの…でも」、「誰でも」という意味になります。ここでは、「any」は強く発音されることを覚えておきましょう。

  • Any child knows that.「どんな子どもでもそのことは知っている」
  • You can come and visit us any time.「いつでも遊びにきてね」
  • Judy runs faster than any other girl in her class. (Judy runs [the] fastest of all the girls in her class.)「ジュディーはクラスのどの女の子よりも走るのが速い」
  • There are some umbrellas. Take any one you like.「かさが何本かあるから、好きなものを1本持っていきなさい」

「any」と「some」

前章では、「any」の文脈による意味の違いを解説しました。この章では、「any」と比較されることの多い「some」との使い分けについておさらいしたいと思います。

まず、前章の最後に挙げた文章に注目しましょう。

There are some umbrellas. Take any one you like.

この文章では、「何本か傘がある」と言う場合に、「any」ではなく、「some」を使っています。一般的に、「any」は、疑問文と否定文で使われ、「some」は肯定文で使われるという決まりがあるので、「There are any umbrellas.」は誤りです。

次に、以下のAとBの会話を英訳します。

  • A:「質問はありますか?」
  • B:「はい、いくつか質問があります。」または「いいえ、質問はありません。」
  • A:「Do you have any questions?」
  • B: 「Yes, I have some questions.」または「No, I have no questions.」

この「any」と「some」の使い分けを覚えておくことはとても大切ですが、例外があります。日常会話の中では、「some」を疑問文でも使うケースがあります。「Will you have some tea?」は、「お茶はいかがですか?」という意味の疑問文です。人に物を勧めたり、Yesの答えが期待されるときは、疑問文でも「any」ではなく、「some」を使いますので、覚えておくと良いです。

代名詞の役割をする「any」

これまでは、後ろに名詞を伴う形容詞としての「any」を解説してきましたが、この章では、代名詞の役割をする「any」についておさらいします。

以下に疑問文、否定文、肯定文の順に3つ例文を挙げます。意味や用法は形容詞と同様ですが、後ろに名詞がつかないことがポイントです。

  • Do you want any of these dolls?「この人形のうちのどれがほしいですか?」
  • I don’t know any of them.「彼らのだれ一人として知りません。」
  • Any of these will do.「これらのうちどれでもよい。」

次に、会話の中で使われている例を紹介します。

英語は簡潔な文章を好む言語で、前後関係で文意が明白であれば、例文の答えの「tulips」(チューリップ)のように、一部分を省略することはよくあります。

  • A: Are there any tulips?「チューリップはありますか?」
  • B: No, there aren’t any.「いいえ、全然ありません。」

「any」を使った応用表現

最後に、「any」を使った応用的な表現をいくつか紹介します。どれも日常会話でもよく耳にする表現ですので、ぜひ覚えて使ってみてください。

「if any」

契約書やビジネス文書などで目にすることの多い「if any」という挿入句は、「もしあれば」という意味です。

「if there is (are) any」の略で、前章で解説した代名詞的用法の「any」です。「Correct errors, if any.」は、「誤りがあれば訂正しなさい」という意味になります。この2語を挿入することで、「万が一」という意味を加えることができる便利な表現です。

否定文 / 疑問文:「any + 比較級」

次に、否定文や疑問文の中で比較級と一緒に使う「any」の表現を紹介します。

まず、「not … any longer (= no longer)」(もうこれ以上…しない、もはや…でない)と「not … any more (= no more)」(もうこれ以上…ない、もう二度と…しない)を使った例文を挙げます。

  • I can’t wait any longer. (I can no longer wait.)「もうこれ以上待てない
  • I will not speak to him any more. (I will speak to him no more.)「私はもう二度と彼とは話しません。」

どちらも「今まではしていた(できていた)けれど、これ以上はしない(できない)」という状況の変化を表すことができます。

同様に、否定文と疑問文の中で出てくる「any + 比較級」は「少しは(少しも)」という意味がありますので押さえておきましょう。「Is Lucy any better today?」は、「ルーシーは今日は少しはよくなりましたか?」となります。

まとめ

今回は「any」の基本的な使い方や表現をたくさん紹介しました。

日常会話で使える便利な表現がたくさんあったと思います。ぜひ会話の中に取り入れてみてくださいね。

では、次回をお楽しみに!

引用文献:アンカー大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行 株式会社学研プラス