「英語で何て言う?」コーナー、今回は「anotherの使い方」についてです。
「another」には、「もう1つ(1人)の」という意味の形容詞と、「別のもの(人)」という意味の代名詞として使われる単語です。
日常会話でもよく聞く単語ですが、使い方がはっきり分からないという人も多いのではないでしょうか?
今回は、「another」の基本的な使い方から応用編まで、複数の例文とともに、解説していきます。

「another」の意味と使い方

まずは、「another」という単語を分解して、意味と使い方について解説します。
「another」は、「an」(1つの)と「other」(他の)という2つの単語で構成されている英単語で、「もう1つの(1人の)」や「別のもの(人)」といった意味を持っています。特に、単数扱いの「もう1つの」という意味の形容詞として使われることが多いです。「an」+「other」が1語になった単語ですので、以下の例のように「an」や「the」などの冠詞や「my」や「their」などの所有代名詞はつきません。

  • ○ another cup
  • × an another cup
  • × the another cup
  • × my another cup

このように、通常、「another」は数えられる名詞の単数形につきますが、例外もありますので、それは次章で解説します。

「another」を使った基本的な英語表現

この章では、具体的に例文を紹介しながら、anotherの使い方を解説します。
日常会話で使える表現ばかりですので、ぜひ覚えて使ってみましょう。「もう1つの」や「別の」という意味の形容詞的用法と、「別のもの」や「もう1つのもの」という意味の代名詞的用法に分けて紹介します。

「もう1つの」を意味する形容詞的用法

カフェなどでお茶をしている時、店員さんから「Would you like another cup of tea?」(お茶のおかわりはいかがですか)と聞かれることがあります。「Would you like〜?」は「〜はいかがですか?」という丁寧な質問文で、日常会話で多用されますので覚えておくと便利です。このように店員さんから聞かれた際、おかわりをお願いする時は「Sure.」、断る時は「No, thanks.」と答えるのが一般的です。逆に、自分から「お茶をもう1杯いただけますか」とお願いする時は、「May I have another cup of tea?」と言います。
つづいて、自分の予定を説明する場面。
「私はもう1週間ここにいます」は、「I will be here for another week.」と言います。「another」は、可算名詞の単数形の前につくことがほとんどですが、「数詞 + 複数名詞」をセットで考える場合は、複数形の前につくこともあります。「It will take another two weeks to finish it.」(それを終わらせるまでにさらに2週間かかるだろう)では、「two + weeks」(2週間)を1つのまとまりとして捉え、「another」をつけることで、さらにどれくらいかかるかを説明しています。

「別の」を意味する形容詞的用法

2つ目の形容詞的用法である「別の」を使った例文を2つ紹介します。
「Please show me another cap.」は、「別の帽子を見せてください」という意味で、買い物などの場面で使える表現です。
ほかに、「That’s another story.」(それは別の話だよ)は、今話していることとは別問題だということを伝える時の決まり文句です。どちらの「another」も、意味的に「different」(異なる)に置き換えられます。

「別のもの」「もう1つのもの」を意味する代名詞的用法

「I don’t like this hat. Can you show me another, please?」は、「この帽子は好きではない。別のを見せてくれませんか」という意味ですが、「another」の後ろに名詞がついていないことに注目しましょう。
前の文章を受けて、「another」1語で、「別のもの(帽子)」を意味していることが分かります。同様に、「Saying is one thing and doing (is) another.」(言うことと行うことは別のことだ)も「another」1語で、「別のこと」を意味している例です。
一方、「残りの1人(1つ)」と言う時は、「another」ではなく、「the other」を使って表現します。
例えば、「2人の娘がいて、1人は東京、もう1人は名古屋に住んでいる」ことを伝える時は、「We have two daughters. One lives in Tokyo. The other lives in Nagoya.」となります。つまり、2つのものや人を対象にする場合は、「One is 〜, the other is …」と表現するのが正解です。

「another」を使った応用表現

前章では、「another」を使った基本表現を解説しました。この章では、「another」を使った応用表現をマスターしましょう。応用と言っても、決まり文句ばかりですので、繰り返し練習することで、自然と使えるようになりますよ。

「one after another」(次々に)

1つ目は、「one after another」(次々に)です。

  • 「Three typhoons hit Japan one after another.」(3つの台風が次々と日本に上陸した)
  • 「She’s had one problem after another this year.」(彼女は今年次から次へと問題を抱えている)

上記のように、次々と起こる様子を表現できます。

「one another」(お互いに)

2つ目は、「one another」(お互いに)です。
「They gave presents to one another.」(彼らはプレゼントを交換した)や「We must help one another.」(私たちは助け合わなければならない)など、複数名詞が主語になっている文章で使います。「one another」は主語には用いないので注意しましょう。

「one way or another」(いずれにせよ)

最後に、「one way or another」(いずれにせよ)です。以下のような会話で使えます。

Aさん
I think we are lost.

Bさん
Don’t worry. We’ll get there one way or another.

道に迷ったのではないかと心配するAに対して、Bが「いずれにしても着くから、心配しないで」と答えているやりとりです。「何らかの形で」や「どうにかして」とも訳すことができます。

まとめ

今回は「another」の使い方に関する注意点や英語表現を紹介しました。
日常会話で意外と使える表現がたくさんあったと思うので、これを機に覚えて、使ってみてくださいね。
では、次回をお楽しみに!

参照:アンカー 大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行(株式会社学研プラス)