「英語で何て言う?」コーナー、今回は「病気」についてです。
毎年悩まされる花粉症や、日常のちょっとした不調、持病などは英語でどのように表現したらいいのでしょうか。
早速見ていきましょう!

「花粉症」ってどう言えばいい?

毎年2月頃から悩まされる「花粉症」。日本特有のものではなく、世界の都市でも花粉症に悩む人は多いです。
英語では「hay fever」「pollen allergy」と言います。「hay」は「干し草」の意味ですが、これが原因でくしゃみや鼻水が出るということから、「hay fever」と言われるようになったようです。「pollen」は「花粉」という意味なので、「pollen allergy」は文字通り「花粉アレルギー」です。日常会話では、「hay fever」のほうがよく使われるようです。

Aさん

I have hay fever. / I have a pollen allergy.
「花粉症なんです」
※I have got hay fever.

「got」を使うと、「最近花粉症になりました」というニュアンスになります。
アレルギーを意味する「allergy(名詞)」や「allergic(形容詞)」は、「〜アレルギーなんです」と言いたいときに使えます。
日本でポピュラーなスギ花粉「Japanese cedar pollen」を使ってみましょう。

Aさん

I’m allergic to Japanese cedar pollen.
I have an allergy to Japanese cedar pollen.

「スギ花粉のアレルギーがあります」

「Japanese cedar pollen」のかわりに、アレルギーのある食品などを入れてみましょう。

Aさん

I’m allergic to wheat.
「小麦アレルギーです」

Aさん

I have an allergy to eggs.
「卵アレルギーです」

ちなみに、イギリスが世界で初めて「花粉症」を認識した国と言われ、オークやプラタナスなど都市の街路樹に植えられている植物で発症することが多いようです。
アメリカも花粉症に悩まされている国。とくに、ブタクサ(ragweed)アレルギーの罹患率が、日本のスギアレルギーと同程度と言われています。
ほかに、カナダやオーストラリア、フランス、スペイン、イタリア、ロシア、南アフリカ共和国などでも国民病となっているようです。花粉症は先進国特有の症状で、とくに大都市で発症者が多いようですね。旅行先でも花粉症対策をお忘れなく!

「sickness」・「illness」・「disease」はどう違う?

「病気」と言われて思い浮かぶ英単語は何ですか?と聞かれると、「sickness」、「illness」、「disease」のいずれかが浮かぶと思います。
それぞれの単語について考えてみましょう。
病気の重さで言えば、「sickness」が一番軽く、「illness」はその中間、「disease」が一番重いイメージです。
「sickness」は、ほかの2つの単語より比較的症状が軽く、病気の期間も「illness」より短いようです。吐き気や気分の悪さなどのニュアンスがある言葉です。

motion sickness
「乗り物酔い」
mountain sickness 
「高山病」
morning sickness
「つわり」

「illness」は、健康を失った状態、長い期間の体調不良を意味します。イギリス英語では、病気を意味する最も普通の単語です。アメリカ英語では、「illness」は比較的重い病気のイメージのようです。

Aさん

Ken has suffered through a long period of illness.
「ケンは長いこと患っています」

「disease」は病名のはっきりしている病気、重篤な病気のときに使われます。

heart disease (trouble)
「心臓病」
infectious disease
「伝染病」

比較的重い病気や感染症の単語もみておきましょう。

pneumonia
「肺炎」
tonsillitis
「へんとうせん炎」
German measles
「風疹」
measles 
「はしか」
appendicitis 
「虫垂炎」
cancer
「がん」
AIDS
「エイズ」

では、形容詞の「sick」・「ill」、「disease」を使った表現をみてみましょう。

be(feel) sick, be(feel) ill, be a disease
「病気である」
get(become)sick, get(become) ill, get(become)a disease
「病気になる、かかる」
get over, recover from
「病気が治る」

それぞれの単語のニュアンスを感じ取りながら、次の例文を読んでみてください。ただの「病気」とは違って、相手の状態がより深く感じられるのではないでしょうか。

Aさん

My brother is sick.
「弟は病気です」
※My brother is sickness.とは言わないので、注意です。

Aさん

I want to help sick people.
「私は病気の人の手助けをしたい」

※「病気の〜」という意味で後ろに名詞が続く場合、「sick」のみが使われます。「 ill people」とは言いません。

Aさん

My aunt is seriously(very)ill.
「おばは重い病気です」

Aさん

My mother is sick in bed.
「母は病気で寝ています」

Aさん

I didn’t go to school because I was(got)sick yesterday.
「ぼくは昨日病気で学校を休みました」

Aさん

My sister has been sick for a week (since last week).
「姉は1週間前から病気です」

Aさん

He got sick and lost weight.
「彼は病気になって体重が減りました」

Aさん

Rio has gotten over her sickness.
Rio has gotten over (recovered from) her disease.

「リオは病気が治りました」

日本語で「病気が治りました」と言っても、単語の微妙なニュアンスから、下の「Rio has gotten over her disease.」の方が、「重い病気から回復した」ということが感じられますね。

「総合病院」、「救急病院」は? 症状はどのように伝える?

次に、実際に病気になってしまった場合について考えてみましょう。
その前に、病院「a hospital」の種類について単語を見てみます。診察科がいくつかある大きな病院ではなく、小さな診療所は「a clinic」です。

a general hospital
「総合病院」
an emergency hospital
「救急病院」
a university hospital
「大学病院」

症状「symptoms」を伝えるときは、

Aさん

I have a cold.
「風邪をひきました」

のように、「I have a(an)+症状」という言い方でOKです。いくつか代表的な症状をみてみましょう。

cold
「かぜ」
toothache
「歯痛」
stomachache
「腹痛」
headache
「頭痛」
nettle rash, hives
「じんましん」
asthma
「ぜんそく」
anemia 
「貧血症」

「病院に通う(入院する)」は、「go to  (the) hospital」です。入院・退院や通院という意味のとき、アメリカ英語では「the」をつけますが、イギリス英語では普通「the」をつけません。

Aさん

My father is in (the) hospital, but he’ll soon be able to leave.
「父は病院に入院中ですが、もうすぐ退院できます」

「お見舞いに行く」は、「visit(see)someone  in the hospital」

Aさん

We visited (saw)Yui in the hospital. 
ユイを見舞いに病院に行った。

まとめ

病気の英単語はなかなか難しく覚えにくいですが、自分がよくかかる病気や、持病について表現できるようにしておけば、旅行の時も一安心です。
とはいっても、やはり元気が一番ですよね。

Aさん

A cold often leads to all kinds of disease.
「風邪は万病のもと」

ちょっとした「sick」が、重い「disease」を連れてきますので、ご注意を。¥
では、次回をお楽しみに!

参照:アンカー 大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行 (株式会社学研プラス)