オンライン英会話

皆さん、「英語で説明したのに、上手く伝わらなくて苦労した」といった経験はありませんか?特に、何かを説明するときやリクエストをする時など、日本語と同じような流れで話すと上手く伝わりづらいことがあると思います。

このような場面でより伝わる英語を話ために使えるのが、「ロジカルスピーキング(論理的な話し方)」の考えです。アメリカなどでは、ロジカルシンキング(論理的思考)がとても重要視されているため、何か説明する際も「論理的であること」が求められます。

ロジカルスピーキングと聞くと、アカデミックやビジネス英会話で使う難しい話し方と思われる方も多いと思います。

しかしこのロジカルスピーキングは、日常の英会話にも簡単に応用することができます。今回は、ある2つのポイントを意識することで「ロジカルに伝える」英会話、より伝わる英語を話すコツをご紹介します

ロジカルスピーキングとは

ロジカルスピーキングとは、理論的に道筋を立てて話す方法です。元マッキンゼーコンサルタント、バーバラ・ミントさんは、彼の著書で論理的な伝え方を以下のように説いています。

まず、キーメッセージやポイント、つまり結論を伝え、それを裏付ける2~4点の理由・根拠を説明し、更に具体的な説明や事例を加えていく

確かにこの伝え方は、アカデミックやビジネスシーンでのレポートやプレゼンテーションに最適だと思います。一方、日常の英会話では小難しい感じになってしまいます。

では、日常の中で上手に「ロジカルな会話」を用いるには、どういったポイントを押さえればよいのでしょうか?

ロジカルに伝えるために意識する2つのポイント

ずばり、「先に結論を伝える」点と「具体的に伝える」点を意識します。

さらに噛み砕くと、ロジカルな会話が必要な時に意識してほしいポイントは以下の2点です。

  • 伝えたい内容 (結論)
  • 相手に起こしてほしい行動/理解してほしい点 (具体的な内容)

この2点を「相手に伝えよう」と意識するだけで、会話がグッと伝わりやすくなります。

ロジカルに伝える日常の英会話具体例

具体例

恵子さんは友人のJaneさんと午後7時にA駅で待ち合わせをしていました。しかし、その日仕事が長引きそうだと思った恵子さんは、お昼にJaneさんに電話をして待ち合わせ時間と場所を午後7時半B駅に変更したい旨を伝えました。

ロジカルでない場合

Hi Jane, I’m sorry but I’ve got an urgent work to do today. I’ll try to wrap it up as soon as possible, but I think I can’t make it at 7pm at A station. B station is closer to my office, so if it’s B station I can be there at 7:30….
(こんにちはJane、悪いけど急な仕事が入ってしまったの。できるだけ早く終わらせるけど、午後7時にA駅には行けないと思う。B駅は私のオフィスから近いから、B駅になら7時半には行けると思う・・・)

ロジカルに伝えることを意識した場合

伝えたい内容→待ち合わせ時間と場所を変更したい
相手に起こしてほしい行動→19時半にB駅に来てほしい
Hi Jane, I’m calling to change our meeting time and place today. I’m sorry, I can’t make it at 7pm at A station today because I’ve got an urgent work to do. Since B station is closer to my office, I want you to come to B station at 7:30….
(こんにちはJane、今日会う約束の場所と時間を変更したくて電話したの。急な仕事が入ってしまって、7時にA駅には行けそうにない。B駅の方が私のオフィスに近いから、7時半にB駅に来てほしいの)

最初の例では、始めの一文からは待ち合わせをキャンセルしたいのか、変更をしたいのかが分かりません。ロジカルに伝えることを意識した場合の例では、始めの一文から、時間と場所を変更したい旨がはっきり伝わります。

ロジカルに伝えるために役立つ10フレーズ

  • Let me explain~ (~を説明させてください)
  • Let me tell you about ~ (~について話させてください)
  • I’m calling to ~(~をするために電話しました)
  • I’d like to ~ (私は~したいです)
  • The reason is ~ (理由は~です)
  • My point is ~ (私のポイントは~)
  • I want you to ~ (私はあなたに~をしてほしい)
  • I need your help (あなたの助けが必要です)
  • Can you~? (~してもらえますか?)
  • How about ~? (~はどうでしょう?)

まとめ

ロジカルにより伝わる英語を話すコツについてご紹介しました。日本語で何か説明する際は、どうしても背景や細かい部分から話し始めてしまいます。しかし英語では、日常の会話であっても結論やポイントを先に述べることが多いです。そしてより具体的な説明に入っていきます。

英語で何か説明をする際は、ロジカルに伝えるために、「伝えたい内容」と「相手にしてほしい行動/理解してほしい点」を意識してみてください。会話の早い段階でこの2点を明確にすることで、相手により伝わりやすくなります。

文法が苦手であったりボキャブラリーに自信がない方ほど、ぜひロジカルな伝え方を意識してみてください。多少英語に間違いがあっても伝わりやすいはずです。
この記事が皆さんの英語学習の参考になれば幸いです。

アメリカに留学後、海外生活を続けながら日本人向けのオンライン英会話講師を続けています。英会話を教えていると、こうしたらもっと効率よく学習できる、こうしたらもっと楽しくなる、そういったポイントにいくつも気付きます。
この連載では、そういったこれまでの経験を生かして、みなさんのお役に立つ情報やテクニックをお伝えしていきます!