オンライン英会話

皆さん、Small Talk/スモールトークをご存知ですか?

Small Talkとは日本語で、雑談や世間話を意味します。日本語でもよくする、「最近どう?」「学校どうだった?」といった何気ない会話です。

実は、このSmall Talkオンライン英会話の冒頭に行うことで、お互いの緊張がほぐれて良い雰囲気が生まれ、レッスンに入る前の適度なウォームアップにもなります。

しかしいざやってみると、定型の挨拶の後にどのように会話を広げていけばいいか分からず、なんとなくそのままレッスンに入ってしまうことが多いのではないでしょうか?

そこで今回は、挨拶から上手に会話を広げるための「Small Talkの3ステップ」をご紹介します。

Small Talkとは?

Small Talkとは雑談世間話とお伝えしましたが、もう少し詳しく見てみましょう。

英英辞書で調べてみると、次のように書かれています。

Social conversation about unimportant things, often between people who do not know each other well.

出展: https://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/small-talk

これを日本語に訳してみると、「重要ではないことについての社交会話で、あまり親しくない間柄の人との間でされる」といった感じの意味になります。少し堅苦しいですが、つまり「重要でない内容」についての会話なので、その日の気分・天気・最近の出来事など、内容は何でもいいのです。

ではなぜ、この「重要でない」内容についての会話「重要」なのでしょうか?

Small Talkは、会話・レッスン・会議・商談などを円滑に進めるための「導入」として、とても重要なのです。

特にオンライン英会話では、お互いの緊張をほぐして良い雰囲気を作る上で、最初のSmall Talkがとても役に立ちます。講師によってはSmall Talkで挙がった話題を意識的にレッスンに反映することもあるので、レッスンの充実度も高まります。例えば私のレッスンでは、Small Talkで話した内容を使って例文を作ったりと、できるだけSmall Talkを活かすように心がけています。

また、英語圏では日常生活からビジネスシーンまで、Small Talkを行う機会で溢れています。実際に英語圏で上手にコミュニケーションを取るためにも、Small Talkの技術は欠かせません。
英会話上達のためにも、Small Talkはとても大切です。

挨拶から会話を広げる「Small Talkの3ステップ」

挨拶から会話を広げる

挨拶から会話を広げる

それでは実際に「Small Talkの3ステップ」を見ていきましょう。

ステップ1. Greeting Phrases / 挨拶

最初はもちろん挨拶です。

まずは、簡単な挨拶のフレーズから会話を始めましょう。

挨拶のフレーズ

  • Nice to meet you / 初めまして
  • It is nice to see you again / また会えてうれしいです
  • Good morning・Good evening /おはよう・こんばんは
  • How are you? How are you doing? How is it going? / こんにちは(調子はどう?)

挨拶への返答例

  • Nice to meet you tooなどtooをつけて「私もです」と返す
  • good morningにgood morningと同じ言葉で返す
  • good morning にHi, how are you? と違う挨拶の言葉で返す
  • How are you? にI’m good等で返答する

How are you? は日本語にすると「調子はどう?」となりますが、「こんにちは」というニュアンスで使われることもあります。例えば、あなたが How are you? と聞いたら、相手がそのまま How are you? と返してくることもあります。

ステップ2. Conversation Starters / 会話を切り出す

How are you? などの挨拶の言葉が会話の切り出しとなることもありますが、I’m good等の返答で終わってしまった場合は、次の会話に繋げるために Conversation Starterで会話を切り出してみましょう。

Conversation Starterのフレーズ

  • How have you been? /(しばらく会っていない)どうしていましたか?
  • How was your weekend? / 週末はどうでしたか?
  • How was your day? / 今日はどうでしたか?
  • I like your T-shirt / あなたのTシャツ素敵ですね

How was 〇〇? は会話を切り出すのによく使われるフレーズです。

相手のことをあまり知らなければ How was your day? など一般的なことを聞いてみるといいでしょう。もし相手のことを知っている場合は、以前の会話などから「how was ○○?/あれはどうでしたか?」と質問してみると相手も喜びます。

I like your ○○. のような相手を褒めるフレーズも、会話を切り出す際に使えます。素敵だなと思うものがあれば、いいねと伝えてみることで会話が進むでしょう。

ステップ3. Answering With A Little Information / 少しの情報を交えて答える

挨拶の後、あなたがConversation Starterで会話を切り出せば、もうsmall talkは始まっています。ではもし、先に相手がConversation Starter のような質問をしてくれたら、どのように答えればいいのでしょうか。

大抵の質問には It was good で返答できてしまいます。しかしこれでは、せっかく相手が会話を切り出してくれたのに話を広げていくことができません。

そこで How was 〇〇? のような質問に対しては、great/nice/goodなどの感想に加え、少しの情報を交えて答えるようにしてみると会話が広がります。また、褒めてもらった時も、「ありがとう」に何か一言加えて返すと良いでしょう。

Conversation Starterのフレーズへの返答例

  • How have you been? /どうしていましたか?
    I’ve been good. I’ve recently moved to a new place. /元気です。最近引越しをしました。
  • How was your weekend? / 週末はどうでしたか?
    It was great. I saw a movie called ○○. /とても良かったです。○○という映画を見ました。
  • How was your day? / 今日はどうでしたか?
    It was okay, there was no overtime today. / 普通の日だったよ、残業もなかったし。
  • I like your T-shirt. / あなたのTシャツ素敵ですね
    Thank you. I got it recently, and It’s my favourite. / ありがとう。最近買ってお気に入りなの。

「今日はどうでしたか?」と聞かれた時、その日が平凡な1日であった場合、何を答えたらいいか困ってしまうかもしれません。しかし上記の「残業がなかった」の例のように、伝える情報はちょっとしたことで構いません。この返答に対して、「それは良かった!」と会話がひと段落することもありますし、残業というキーワードから、「いつもは残業があるのですか?」など会話を広げることもできます。

何かトッピクにできるような話題があるときはもちろんですが、話題がないと思うときでも、何か一言添えて答えるように心がけるだけで、Small Talkを円滑に進めることができます。

まとめ

いかかでしたでしょうか。挨拶から会話を広げる「Small Talkの3ステップ」についてご紹介しました。始めのうちは意識してでもSmall Talkを持ちかけてみてください。そのうちに自然にSmall Talkができるようになってきます。

そしてSmall Talkができるようになると、日常生活・旅行・ビジネスなど様々な場面で活用でき、英語の上達も早くなります。

せっかくのオンライン英会話なので、冒頭を挨拶だけで終わらせてしまうのはもったいないです。是非「Small Talkの3ステップ」を用いて、雑談・世間話を楽しんでみてください。

アメリカに留学後、海外生活を続けながら日本人向けのオンライン英会話講師を続けています。英会話を教えていると、こうしたらもっと効率よく学習できる、こうしたらもっと楽しくなる、そういったポイントにいくつも気付きます。
この連載では、そういったこれまでの経験を生かして、みなさんのお役に立つ情報やテクニックをお伝えしていきます!