オンライン英会話

初めまして!この6月から約2ヶ月間、Kiminiオンライン英会話のセブ島オフィスでインターンとしてお世話になっているHanaです。

自己紹介

生まれも育ちも東京というシティガールです。

大学受験で一念発起し、現在はアメリカのイリノイ州の大学で生活しています。

キャンパスの写真です。よく言えば、緑豊かな、悪く言えば芝生以外は何もないキャンパスです。

町中のお店が5時には閉店するという田舎っぷりにカルチャーショックを受けながら、日々学生生活を送っています。

アメリカの大学は、春休みが1週間程度と短い分、夏休みが3ヶ月くらいあります。

この3ヶ月間をどう使うか…? 私が出した答えは、インターンシップでした!

インターンシップ挑戦理由

こんな田舎なので、3ヶ月間大学にいても、何もやることがない!

日本に帰っても、アメリカと日本の大学は夏休みのスケジュールが違うので、日本にいる友達はまだ夏休みでないため遊べない!

このまま何もしなかったら、この3ヶ月間を一人ぼっちで無駄に終わらすことになる…!

そこで、以前から興味のあった「インターンシップ」に挑戦してみようと思いました。

インターンシップ先の候補は、やはり英語が活かせる環境、例えば、英語が使えるアジア圏の企業、日本の外資系、アメリカの日系企業などでした。

インターンシップ先をいろいろと探す中で、今回Kiminiオンライン英会話(株式会社Glats)にご縁があり、お世話になることに決めました!

なぜKiminiオンライン英会話を選んだか?

Kiminiオンライン英会話を選んだ理由のひとつは、セブ島オフィスでのインターンだったことです。

実は以前セブ島に英語の語学留学の経験があり、現地生活や文化の違いにはもう慣れています。

そして何と言ってもセブ島は、ASEANの最注目国のフィリピンの中でも経済成長が著しい島です。その発展の様子や経済動向を肌で感じたいと思い、インターンシップ先に選びました。

またKiminiオンライン英会話は、まだ創業間もないスタートアップ企業なので、より経営に近い位置で仕事ができるという点が魅力でした。英語教育という分野にも関心があり、その業界で働く方々のリアルな姿を見ることができるのも決め手でした。

最後に

これから、インターン中の様子をできるだけ頻繁にお伝えしていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします!!

アメリカ・イリノイ州の大学に留学中の女子大生です。夏休みの2ヶ月間、縁あってKiminiオンライン英会話のセブオフィスでインターンをしています。
セブでの生活の様子や、お仕事での気づき、オフィスの様子について日々発信していきます!